FC2ブログ

Category

2020.01

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年01月 

12/31のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @kerpanen: 騎射で戦い、相撲で決着。源頼朝は流鏑馬と相撲が好きで鶴岡八幡宮の祭礼では競馬(くらべうま)と並んで同時に披露されていた。武士が流鏑馬と相撲を珍重したのは、大鎧の防備が完璧で騎射のみでは勝負がつかないことがあり、最後は相撲の技を使った組み打ちで首を獲り…
12-31 10:27

RT @kerpanen: 軍陣には鎧きる故、拳を以てする当て身で傷むことなし、相撲は人を取りてなげる故、戦場の用に立つなり「貞丈雑記」騎射戦では互いに箙の矢を射尽くしても勝負がつかぬ場合、敵を馬から引落し組打った。格闘では下敷きになった方が負け。神事として古来の形が残る相…
12-31 10:27

室町以前だと 騎馬武者の組討の訓練は乗馬組討の比率が可也高かったと言う事なのかだが 関東では戦国期でも乗馬組討主体なのかどうかだが
12-31 10:32

貞丈雑記では具足装備の相手に当身は通用しないと有るが 板金鎧相手でも防御や体勢を崩す為の打撃は行われている訳なら 実際は打撃はされていたのかどうかだが 具足相手なら板金以外の部分は 打撃でダメージを与えていた可能性も有るのかだが
12-31 10:42

https://t.co/HD7ZHfMhBt https://t.co/0s5bAre2EP 平治物語絵巻・六波羅合戦巻の左の場面では馬上組討が多いが 地上での組討も有るが 意図的に敵を馬から落として 上に乗る事はしていたのかどうかだが
12-31 10:53

西欧で相手を落馬させる技は 下の脚を使う物が有るが 日本ではこうした事はしたのかどうかだが 足は使わず上体だけで相手を押し込み落馬させた可能性も有るのかだが https://t.co/qsdRwGlfXp
12-31 13:11

日本の組討の場合は上に乗られた後でも 下方から腿を短刀で突く等して勝利している例も多いが 馬上から敵の体重を乗せて落とされた場合は 何処迄反撃可能なのかだが
12-31 13:19

馬上で敵の体重を乗せられて落下した場合は セスタスの下の場面の様な形で 肺が潰される危険も有るのかだが 首や頭等が潰される例も有るのかどうかだが https://t.co/hVSDIrskEd
12-31 13:31

板金鎧装備の相手なら馬上から体重を乗せて落下させても 肺は潰せない可能性も有るだろうが 首や頭部は可也衝撃を受ける可能性も有るのかだが
12-31 13:37

桶側胴や五枚胴は右側は完全に固定では無いし 馬上から体重を乗せて落とされると 押されてダメージを受ける可能性は有るのかだが
12-31 13:45

続きを読む