FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2019年11月 

11/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @kerpanen: 元寇の頃、日本の武士が使っていた弓は木芯の前後に竹を張合わせた「三枚打弓」(さんまいうちゆみ)と思われる。軍用の弓は、これを漆で防水して籐を巻いて補強している。実は中国もそっくりの竹弓があり、製法はこちらから伝わったと云う説もある。福建省の竹弓の映像…
11-29 10:50

RT @kerpanen: 三枚打弓がいつ、どのようにして作り始められたのかは、はっきりわからないらしい。と、なると、最初の元寇「文永の役」の時期、南宋はまだ共に蒙古に敵対する友好国で交易もしていたし、軍事技術の交流もあっただろうから、そんな関係で、南宋から日本に伝わったの…
11-29 10:50

RT @kerpanen: 中国の弓の主流は木と角、動物の腱を膠で接着した大陸系の合成弓である。これはそもそも満洲系の弓で、清の時代に普及したとも云われる。これに対して竹弓はわざわざ「陰雨不解」と特記されているので、やはり合成弓は雨に弱かったのだろう。中国伝統角弓の職人映…
11-29 10:50

RT @kerpanen: 中国の竹弓の製作映像を改めてよく見たら、これは正に、日本で平安末期から鎌倉期に作られていた「三枚打弓」そのものでした。日本の弓はその後「四方竹弓」「ひご弓」と進化して行きますが、中国はおそらく、元または清の時代に満州系の角弓(合成弓)に席巻され竹…
11-29 10:50

カムイ伝の音弥の利用した様な踏み込みのフェイントと言うのは フェンシングでは多いと言う事だっただろうか https://t.co/jOe3FUT8sR
11-29 12:19

https://t.co/sRRdKuXbSJ >フットワーク重視が最強 >フットワークが完璧であれば攻守共に1種類の剣技で勝てる様になることが分かったと思います。 >いかなる相手に対しても基本の技を完璧に決めるのは、実はかなり難しく、
11-29 12:35

>フットワークを上達させることで、技が色んな相手に決められるようになるということです。   剣道や剣術でも此れは 同様と言う事なのかだが
11-29 12:37

江戸時代の総革包1作揃 黒皺革包本伊予札二枚胴具足 錆地塗十四間筋兜   甲冑 鎧兜 https://t.co/fKlDvtRiTH 皺皮の有る脛当や袖と言うのも 見ないだろうか
11-29 13:32

超高速の連続攻撃でも出鼻的にやられたり 不規則に移動されて回避された後カウンターを受ける危険等も有るのかだが
11-29 14:01

こうした形でパンチを回避された後 裏拳で即座に攻撃と言う例も見ない訳だが 裏拳では無く鉄槌を撃つ例も有るのかどうかだが https://t.co/HN8yJlw8Fm
11-29 14:05

続きを読む