FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2019年11月 

11/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

フィオーレの考慮している急所は 中国的な物と同一なのかだが 手足の急所は無く 水月への攻撃も無いと言う事なのかだが https://t.co/0q9RrQPxib
11-12 09:34

https://t.co/t1CLr5JyQ1 フィオーレの言うこめかみの急所は霞 顎は下昆 横腹は章門と同一かも知れぬが 鼻の急所は人中では無く 鼻自体と見ていると言う可能性も有るのかだが
11-12 09:43

ヴァラーシュタイン写本だと 体力の無い者はカウンター主体と有るが 炎鳳もスピードの無い相手に先に仕掛けさせ 逆を突く方が勝率は果たして高まるのかどうかだが 力の差が無い場合でも カウンターが優位と見るのかだが https://t.co/qwDbLvFeLS
11-12 10:20

RT @kerpanen: @manriki_ocho @ww2doitugun 魏志倭人伝にしるされているように、牛馬なき国だった頃の弓の握りがすでに下だったのであれば、やはり弓で水中の魚を狙う時に、弓が濡れないよう下の方を握ったという説が有力なのかもしれませんね。
11-12 10:42

RT @kerpanen: @CryptoKaiketsuZ @nZ8JwGTq6QbKnnD 少なくとも鎌倉時代まで、合戦は騎射戦が主体でした。絵巻物にも描かれています。南北朝あたりから、打ち物騎兵が増えたのは、騎射の弓の威力対し甲冑の防禦力が高まって効果が薄くなって来たから…
11-12 10:45

RT @kerpanen: @CryptoKaiketsuZ @nZ8JwGTq6QbKnnD 馬上武芸でいちばん簡単なのが騎射です。弓ならば馬上であまり姿勢を変化させずに引けます。長くて重い槍を振るうのは遠心力もあり、騎射よりも安定した騎乗が数段難しい。もし槍で敵を突いても、…
11-12 10:45

南北朝期に騎馬武者の騎射が廃れたのはモンゴル軍の重騎兵の影響なのか 宋等の騎兵の様に馬鎧が増えたから馬を狙う騎射が有効では無くなった故と言う可能性も有るのかだが 馬鎧は太平記では馬冑しか出て来ず 後三年合戦絵巻でも描かれないだろうか
11-12 10:49

騎兵自体も面頬や喉輪・佩楯・脇板等が追加されて 隙間が狙い難く成ったと言う事だろうか
11-12 10:57

この草薙と言うのは 手裏剣を見えぬ様に脚下の草を通して投げると言う物なのかだが https://t.co/VJNykRQEcQ
11-12 11:16

https://t.co/roeg4IYlkD そうした技を使用しても草に手裏剣が当たって音がし奇襲効果が削がれ 草に当たって減速し落下する可能性も有るのかだが
11-12 11:17

続きを読む