FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

刀身彫.蛇.梵字.樋入/両鎬大身槍/身幅.重ねあり/讃岐國藤原下坂輝正作/刃長32.6㌢/日本刀/刀装具/甲冑/鎧/武具 https://t.co/CF8QCZEB3U こうした簡略化された彫物の入る槍と言うのも 見ない訳だろうか
11-13 09:51

O085-K5-413 槍 やり 無銘 登録証 長さ12.7cm 全長224cm 目くぎ穴 1個 刀剣 時代 武具 刀 現状品⑦ https://t.co/Z7wnVY3m8m こうした尖った金具と言は 古い物は無いと言う事なのかだが
11-13 11:26

西欧レスリングの打撃技は 相手を倒す為の物では無いと有るが 甲冑装備でもゴシック鎧では特に腹や後頭部に隙間が多いだろうし この部分が打撃された例は無いのかだが 足甲への踏み付けもイタリア鎧だけでは無く 板金が細分されているゴシック鎧でも有用と言う事は無いのかだが https://t.co/kxkVQsvvaw
11-13 12:52

肘に尖ったスパイクの有るゴシック鎧も多いし 此れは甲冑の隙間を突くのに利用された可能性も有ると言う事なのかだが
11-13 12:53

https://t.co/wPdmztfqGI エドワード黒太子の籠手にはスパイクが有るだろうが これで14世紀の鎧の首の鎖部分を主に殴っていた可能性も有るのかだが 顔が露出する相手では顔も殴っていた可能性も有るのかだが
11-13 13:01

ゴシック鎧は下馬戦闘時に頬当てが外される例が多いと言う意見も有るし ゴシック鎧は下馬戦闘主体なら 顎が殴られていた例も多い可能性も有るのかだが イタリア式鎧も熱が溜まった後はバイザーが開けられ 顔が殴られていた可能性も有るのかだが
11-13 13:10

下の様な帯で締める様なレスリングは 戦場では利用されたのかだが https://t.co/vavA2Lv4Fy
11-13 13:28

西欧ボクシングのチョップと言うのは 左下の様な裏拳で顔面も打つ物なのかだが 拳を痛める危険は無いのかだが https://t.co/lGKQjpUBuD
11-13 13:57

籠手装備でこうした裏拳が バイザーが上げられた兜の顔に叩き込まれた例等は有るのかどうかだが ゴシック鎧の露出した顎は打たれていたのかだが
11-13 14:12

https://t.co/MDW9GC7M8q 日本の籠手の裏拳部分には板金が有るが 綿入れは無いだろうから 裏拳使用時の打撃は何処迄吸収出来るのかだが 西欧の籠手にも綿入れは無いと言う事だっただろうか
11-13 14:55

続きを読む

11/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

フィオーレの考慮している急所は 中国的な物と同一なのかだが 手足の急所は無く 水月への攻撃も無いと言う事なのかだが https://t.co/0q9RrQPxib
11-12 09:34

https://t.co/t1CLr5JyQ1 フィオーレの言うこめかみの急所は霞 顎は下昆 横腹は章門と同一かも知れぬが 鼻の急所は人中では無く 鼻自体と見ていると言う可能性も有るのかだが
11-12 09:43

ヴァラーシュタイン写本だと 体力の無い者はカウンター主体と有るが 炎鳳もスピードの無い相手に先に仕掛けさせ 逆を突く方が勝率は果たして高まるのかどうかだが 力の差が無い場合でも カウンターが優位と見るのかだが https://t.co/qwDbLvFeLS
11-12 10:20

RT @kerpanen: @manriki_ocho @ww2doitugun 魏志倭人伝にしるされているように、牛馬なき国だった頃の弓の握りがすでに下だったのであれば、やはり弓で水中の魚を狙う時に、弓が濡れないよう下の方を握ったという説が有力なのかもしれませんね。
11-12 10:42

RT @kerpanen: @CryptoKaiketsuZ @nZ8JwGTq6QbKnnD 少なくとも鎌倉時代まで、合戦は騎射戦が主体でした。絵巻物にも描かれています。南北朝あたりから、打ち物騎兵が増えたのは、騎射の弓の威力対し甲冑の防禦力が高まって効果が薄くなって来たから…
11-12 10:45

RT @kerpanen: @CryptoKaiketsuZ @nZ8JwGTq6QbKnnD 馬上武芸でいちばん簡単なのが騎射です。弓ならば馬上であまり姿勢を変化させずに引けます。長くて重い槍を振るうのは遠心力もあり、騎射よりも安定した騎乗が数段難しい。もし槍で敵を突いても、…
11-12 10:45

南北朝期に騎馬武者の騎射が廃れたのはモンゴル軍の重騎兵の影響なのか 宋等の騎兵の様に馬鎧が増えたから馬を狙う騎射が有効では無くなった故と言う可能性も有るのかだが 馬鎧は太平記では馬冑しか出て来ず 後三年合戦絵巻でも描かれないだろうか
11-12 10:49

騎兵自体も面頬や喉輪・佩楯・脇板等が追加されて 隙間が狙い難く成ったと言う事だろうか
11-12 10:57

この草薙と言うのは 手裏剣を見えぬ様に脚下の草を通して投げると言う物なのかだが https://t.co/VJNykRQEcQ
11-12 11:16

https://t.co/roeg4IYlkD そうした技を使用しても草に手裏剣が当たって音がし奇襲効果が削がれ 草に当たって減速し落下する可能性も有るのかだが
11-12 11:17

続きを読む

11/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

武具 火事兜 本歌 https://t.co/qygxaxLyvq シコロに鎖が有ると言う事は 火事兜では無く実戦用兜と言う事なのかだが
11-11 12:29

https://t.co/RbHneieKV9 左の変移抜刀霞斬りでは 腕を隠しているから通常とは逆の左から抜くと見せて 右で斬っていると言う事なのかだが 鎖には打撃を与え難いだろうが 忍者の場合脚部や草摺部分に鎖は無い例も多いと言う事なのかだが
11-11 13:20

腕への打撃で一撃でナイフや剣が落とせなく共 腕の動きを徐々に鈍らせる事は出来ると言う事なのかだが
11-11 13:36

https://t.co/FldT7V5Zvd こうした形で腕を即座に固められれば 揉み合いで刺されるリスクは低くは成ると言う事なのかだが 実際成功した例は有るのかだが
11-11 13:46

https://t.co/tyDA9ngkph 枝・鍵の無い槍や棒でも 足は掛けられると言う事だろうが 何処迄こうした事は行われたのかだが
11-11 14:21

https://t.co/7Qntfwmu2T シコロをめくり上げて 首を斬る技等も有るが 小鰭装備でも上は狙えると言う事なのかだが
11-11 16:38

https://t.co/t3KIWfoT36 甲冑剣術でも柄頭で顔を打つ例が有るのかだが 面頬が有る場合は目を狙うと言う事なのかだが
11-11 16:41

https://t.co/J4KQoieriW 鉄製の草摺装備では柄頭での打撃は有効では無い可能性も有るだろうが 腿内側の血管が急所であると言う知識は 戦国期には有ったのかどうかだが
11-11 16:45

https://t.co/k4R1kBhvVE 正面から素手で2刀に勝負等 何処迄出来るのかだが 側面に回り込み片腕を抑えつつ 脚を払い首を打つと言う様な方向以外無いのかだが
11-11 22:02

カムイが水責めをされている際に 海女が息をする時の音(磯嘆き)を発したと有るが https://t.co/HrWh05EkHz 海女が息を整える際に出す音と有るが 呼吸を楽とする効果は有るのかだが https://t.co/IB4rbfYPe6
11-11 23:15

続きを読む

11/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

長剣や此れを持つ腕を掴んでも 揉み合いと成って刺される可能性は短剣よりは低いのかだが 片手剣は短剣同様に叩き落とせるが 両手剣を一撃で叩き落とすと言うのは容易なのかどうかだが
11-10 13:32

https://t.co/wwtK0kFF3i 両手剣は松林蝙也斎の足譚や https://t.co/aBk1CtAkvJ フィオーレの腕を掴んでから即座に剣を踏んで落とす技等で 落とされる例も多いと言う事なのかだが
11-10 13:42

顔を攻撃する等して上に意識を引き付けた後で 両手剣を下方から蹴り落とすと言う様な例も有るのかどうかだが
11-10 14:13

https://t.co/PrwQUNEIYP 右腕を強打してから 両手剣を奪うと言う様な例も有るが 左手のみで操作される可能性も有るのかだが
11-10 14:16

遺伝子やミームに 格差や戦争が必須の要素として含まれていたなら 此れに逆らう者の方が実は世界に取り悪であると言う見方も漫画等では良く有るだろうが 此れに逆らう者も実は仕組まれた物であり 何れかが完全に勝たない様に仕組まれているが 此れに逆らう者も居ると言うパターンも多いだろうか
11-10 14:58

https://t.co/fjbI9qsYfI こうしたバインドからの技も カウンター技が有るから迂闊には出せないと言う意見も有るが 試合では余り決まっていない様に見えるが
11-10 15:17

https://t.co/FGWtA22C8E >ダマスカス鋼を何重にも重ねた芯を使用しているため、十分な硬度を保ちつつも、柳の木のようにしなるといわれています。  ダマスカスナイフの複合構造は 一枚板の物より耐久性は有ると言う事なのかだが 古刀も類似の構造なのかだが
11-10 16:24

こうした形で足下の土や砂では無く 石が蹴られた例等は果たして有るのかだが https://t.co/JJ9kxxGV28
11-10 18:09

こうした形で箸を両目に当てた例等は有るのかだが 箸より尖っている手裏剣なら 首等の急所を狙う方が良いのかだが https://t.co/oA2OXqCO2T
11-10 19:19

木巣流と言うのは見ないが https://t.co/Z2OgOuooNx 毛利玄達が同時に16本の手裏剣を放ったと有るから 此れを参考としている可能性も有るのかだが https://t.co/n9Salj0lcO
11-10 19:35

続きを読む

11/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

Check out DRAGON MAKIE 2 Iron Plates DOU of YOROI (armor) : EDO : 5.97kg https://t.co/8YTeuKCRDt 鼻紙袋が横に有る胴等も有るが 戦国期に同様の物は有るのかだが
11-09 09:18

https://t.co/0onKgbyCUh ドネアがダウンしたボディーが命中したのは 直前のアッパー的な打撃で一瞬下方の視界が塞がっていた故の可能性も有るのかだが
11-09 11:53

下を見る限り井上がボディーを打つ瞬間には 視界が腕で塞がっていた可能性も有るのかだが https://t.co/dSYMnBY5z1
11-09 12:01

ローブローか確認されない内は カウントをするのが基本と言う事は無いのかだが ローブローなら後でダウンは 撤回と言う事で良いだろうか
11-09 12:09

ボルトも吐きながら走っていた “世界2位の日本人”が体感した「天才」コーチの練習(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース https://t.co/vaxcpsJiok
11-09 14:00

井上尚弥「ちなみに鼻も骨折」来年の試合は影響なし(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/aB3qEqcrtS
11-09 20:41

https://t.co/Atmh4TKPih >眼球の骨と言うのはすごく薄い作りになっていて、眼球に圧力がかかると、この骨が折れることで眼球へのダメージを減らしているようです。
11-09 20:42

秀吉の気配り、書状見つかる…直江兼続が「人たらし」ぶり生々しく(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース https://t.co/tuDiRZJPFB
11-09 21:54

江戸時代にもゆるキャラが?…エイリアン似のサメをかわいく描いた、昔の人のセンスに脱帽|まいどなニュース https://t.co/uhHIGULKb0
11-09 22:12

https://t.co/sDwS6IkRkU >「右眼窩底と右の鼻の穴の下を骨折している」と明かした。   鼻直下の急所 人中にパンチが命中していたら ダウンしていた可能性も有るのかだが
11-09 22:17

続きを読む

11/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

>人間は脳に強い衝撃を受けると、次に同じ程度の衝撃を受けた時、自分の命を守るために早めに意識をなくすようにインプットしてしまうつまり打たれ弱くなるということ。
11-08 00:01

>それだけではなく、今回のような死闘を経験するとボクサーはさらなるスリルを味わいたくなるという性がある。いままでよりも大振りな攻撃が増え、撃ち合いを好むようなボクシングになる可能性がある。
11-08 00:02

https://t.co/Sm5E6Wfyfj >ドネアもさすがだった。尚弥のスピードと若さを十分警戒していたのだろう。最初からパンチも大振りを避けていた。尚弥の速いジャブも距離をつぶしてショートの連打で応戦。打たれたら打ち返して尚弥のバランスを崩していた。
11-08 00:20

パッキャオ166cm 井上165cmだが 果たしてパッキャオと同様にスーパーウェルター等迄行けるのかだが
11-08 00:22

https://t.co/sDPZXIgdQ5 >しかも相手は左が必殺の武器で右目の視界が塞がったら戦いにくいに決まっている。  >ドネアのウエイトの戻し方がエグかったのでは。フェザーでやってただけあって、大きく戻して耐久性を高めたのだろう。
11-08 00:43

https://t.co/0KxWMWF4kU >あのパンチを受けた後、私には選択肢があり、立ち続けることもできました。ただ、その上でまたボディを打たれたら、そこで終わってしまうかもしれない。だから膝をついてカウントを聴いたんです。
11-08 11:15

カウントが数え始まるのが早かったとしても 再度果たしてボディーを受けたのかだが
11-08 11:15

https://t.co/aeHtUbpx94 >どうは58.5〜59kあたりはあったと思う。それだけ差があるとパンチに対する耐久性も違うでしょう。  >あれはローブローっぽくレフリーを欺いて尚也選手の追撃をかわし、時間をかけて膝をついて、立ち上がってもファイティングポーズまで更に巧妙に時間を稼いだ。
11-08 13:29

https://t.co/2QLIKEMDvM >11R実際には10カウント超えてたけど、井上の瞼カットについても一度もドクターチェックを入れず、止める気配もなかったので、これでお互い様。  >(ドネア寄りの審判だったら、2度目のカットで井上が負けてる可能性もあったし)
11-08 13:44

https://t.co/xPtqtq7h72 >「(相手のパンチは)ブロッキングで何とかなるかなと思った。出だしの手応えが良すぎた。速く踏み込めばわりと対応できるかと思った」  >「フェイントからのあの左フックはうまかった。完全にボディーにくると思っていた。あれをもらって全てが狂った。
11-08 13:59

続きを読む

11/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @1059cham: 今日の刃物オフ、鮫皮の原料のエイが展示されてました。まるっと一匹干されてるのを見るのははじめてだったのですが、粒の大きい部分は一匹に一つだけなんだなーと実感しました。九曜紋の如く、一番大きい粒の周りの粒が揃っているものはきっと選び抜かれた皮なんでしょ…
11-07 10:27

Check out ECCHU GUSOKU YOROI (armor) : EDO : 18.9 × 22.4 × 55.5 " 14.97kg https://t.co/wL5ZPWP2t2 越中具足としては14.97kgと言うのは 袖が有り胴や兜鉢が厚いからか 重いと言う事なのかだが
11-07 11:56

https://t.co/yvECgYP1wv 一方で法然上人絵伝に半身では無い様な 正眼の構えが書かれるが そうした構えは鎌倉期に有るのかだが
11-07 13:11

法然上人絵伝に 腕で刀を受けた様に見える短刀を持つ者が書かれるが 腕でまともに刃を受ける事は流石に考えず 打って払おうとした際に刃が浅く入ったと言う事なのかだが https://t.co/ulq0WsM7lq
11-07 13:26

西欧のクローク利用の剣術の様に 服を腕に巻き付ける方向も有るだろうが 奇襲攻撃でそうした時間も無かった可能性も有るのかだが
11-07 13:54

RT @kumonico: Chromeのタブプレビュー機能の停止方法書いてあるページあった\( 'ω')/https://t.co/lTVISUBD2J
11-07 14:10

一方でメイヤーのサイドソードに素手で対抗する技の中に 腕で刃を払う技も有るが 腕を掴み損ねた際の緊急避難的な物と言う事なのかだが 刃の根元付近で受ければダメージも少ないと言う事なのかだが https://t.co/nIzQp5LqlC
11-07 14:28

https://t.co/1FZxhJtnWC 人間は同時に3つ以上の要素を把握し難いと有るが 剣術でも足や頭等を用いての4箇所同時攻撃等をすれば 此れには上手い者しか対処困難なのかだが
11-07 15:16

ヴィンランドサガの下の場面の場合は アシェラッドは両手と足に意識を行かせた後で 頭突きをしていると言う事なのかだが 上手い者にはこうした技は通用するのかどうかだが https://t.co/KSLBFlFNmX
11-07 15:41

https://t.co/XvYatM0gEh 異様に同時作業が得意な者と言うのも少数居る様だし こうした者に同時に複数箇所から攻撃を受けてやられた者等は古い時代には居るのかどうかだが
11-07 15:43

続きを読む

11/06のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/SKWcV2vYQo 前立はサイの角は 模しているのかどうかだが
11-06 08:16

片手剣は通常の構えでは左右に即座にスイッチ出来ず ハーフソードへの移行も両手剣よりは高速には出来ないと言う事だろうか
11-06 08:32

N549◇【棚倉藩阿部家伝来】 陣羽織 阿部家家紋丸に違い鷹羽 武具 甲冑 https://t.co/tgHLdlJ2uQ こうした筒袖の陣羽織と言うのは 戦国期には有るのかどうかだが
11-06 09:56

片手剣を両手剣のパワーで左側に弾いて 背後に回り込めば 組討での反撃も短時間は困難と成るのかだが
11-06 12:40

相手の自滅、だけじゃなかった!侍ジャパンの『四球力』 押し出しで追い上げ決勝点…冷静なる“セパ四球王”(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/CD6mlzoz7m フライボール的な野球でも 選球眼は重要とは成るだろうが 所謂ピッチトンネルを考慮されれば限度も有るのかだが
11-06 13:11

https://t.co/xXYYDO3uiQ >特に先発右腕トレバー・バウアーは、リリースポイントから20フィート(約6・1メートル)までどの球種も同じ軌道を描く練習プログラムに取り組んだことで知られる。
11-06 13:15

>バウアーが利用しているシアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」にはピッチトンネルをビジュアル化できる設備などがあり、他の多くの選手も利用している。  MLBでもこうした物は 完備迄は無いと言う事なのかだが
11-06 13:16

https://t.co/PlIXp6S2s7 MLB投手も日本的に球種を増やす事で ピッチトンネルの効果を増していると言う事なのかだが スプリット迄新たに使う者迄居ると言う事だろうか
11-06 13:24

https://t.co/Jv5e5Wr00G ピッチトンネルを利用出来るこんな新球迄出現しているが スプリットと類似しているのかだが
11-06 13:32

https://t.co/iBsTJQZvkv 打者も2018年からフライボールより ライナー性のハードヒットを放つ方向に一部は変化していると言う事だろうか
11-06 13:40

続きを読む

11/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/dj0KHIV2cX 分銅鎖も分銅に近い部分を刀に当てると巻き付かないが https://t.co/oVbqiQGSW5 分銅から40cm程度の部分なら巻き付くと言う事なのかだが 更に短ければどうなのかだが
11-05 12:25

右の様に分銅から20cm程度の部分を当てても 巻き付かないと言う事なのかだが https://t.co/1Ch8E2s0pN
11-05 12:30

https://t.co/PYbxatVp2q 左の分銅鎖も先端から20cm程度の部分を当てても巻き付かないが 右のスルジンは同程度の部分でもロックされると言う事だろうか https://t.co/AB1dUkedfS
11-05 12:49

https://t.co/O1dGekkF0I 左の木刀に巻き付いた契木の鎖も 先端から40cm程度の部分を当てていると言う事なのかだが https://t.co/G3c51OfHyK
11-05 13:40

鉄扇 武具 鉄製 重量 約442g 長さ 約26cm 検索 日本刀 刀装具 兜割り 十手 時代 護身用 武器 新選組 芹沢鴨 https://t.co/REhkxwURDA 鉄製の骨部分がこの部分での突きを意識してか 可也尖った鉄扇も有るが 古い物なのかどうかだが
11-05 14:28

https://t.co/vOVyITzMKY こうした物と類似の古い物が 存在していたと言う事なのかだが 戦国期には果たして有るのかどうかだが
11-05 14:30

https://t.co/Rndrc1nGSh 尖った骨が扇面の外に出ている様な物迄は 果たして有るのかだが
11-05 14:33

カムイ伝で利用されているこうした鳥の子(煙幕弾)も 遠距離からの銃撃に対しては自身の付近で爆発させると言う事なのかだが https://t.co/GR7EiSdSZ7
11-05 14:52

撒菱も散布している所を隠蔽する為に 先に鳥の子が使われる例も有るのかだが 迂回困難な狭い場所に散布される例が多いのかだが 馬には大型の物で無いと通用し難いのかだが https://t.co/QdQ0e7orEs
11-05 14:57

こうした形で壁を登るのでは無く包囲を脱出する為に 鍵縄が使われた例は有るのかどうかだが https://t.co/GQ8K2Rxoed
11-05 15:01

続きを読む

11/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

刀は硬い刃部が 峰打ちをすると圧縮され折れると言うが 両鎬槍で斬撃したら 逆側の刃が圧縮され折れるのかだが 両刃薙刀や小烏丸はどうなのかだが 此れ等は刃が柔らかく作られている可能性も有るのかだが
11-04 10:33

https://t.co/Ese4Hg76qs >作家で居合道五段の資格を持つ牧秀彦は自著の中で「切りつける直前に刃を返して峰を撫で付ける事で、実際に斬った威力ではなく相手に『斬られた』と思わせて気絶させる斬り方」と記しており、本来は剣術を心得た者同士の技であるらしい。
11-04 11:46

柔らかい部分なら峰打ちをしても 刃は圧縮されて折れ難いかも知れぬし 敵の刀は刃部で受けて 相手の柔らかい部分を峰で打っていた可能性も有るのかだが
11-04 11:47

https://t.co/Cafi7nTGTj >『小田原北条記』巻四、天文23年(1554年)加島合戦3月3日のこととして、原美濃守平虎胤が近藤右馬丞を峰打ちで兜のしころを打ち、首の骨を二、三打ちしたため、  この場合も柔軟性の有るシコロを 峰打ちしていると言う事なのかだが
11-04 11:52

1554年時点の傘的なシコロを打っても 首は打撃できるのかだが 割シコロを打っていた可能性も有るのかだが
11-04 11:53

https://t.co/d36bmeoeKX 峰打ちもまともに打ては強力過ぎると言う意見も有るが 寸止め的に威力を落として使われるのが基本と言う事は無いのかだが 稽古での木刀の寸止めに慣れている者なら 峰打ちでの寸止めも容易なのかだが
11-04 12:04

刀は刃で受けて 柔らかい部分を寸止め的に峰で打撃するなら 刃は折れない可能性も有ると言う事なのかだが
11-04 12:09

上り龍下り龍彫見事!末関末期~慶長頃【濃州関住兼辻】小沸付き足入り湯走り砂流しに打除け入り小さな金筋交り刃明るく冴える生茎傑作刀 https://t.co/gbT0jUiSLq 慶長期の刀でも 刃の付近に彫り物の入る例が有るのかだが
11-04 13:01

《HH》無銘 短穂槍 新刀 懐剣 白鞘 刃長14.3cm(けら首含む) https://t.co/eBSh2obfTy この面に深い樋が入る 平三角槍も有ると言う事だろうか
11-04 14:01

RT @kokutenkyou: @ICHOYATARO 以前笹間氏の図解を見て絵巻を探したのですが、吹き流しの旗のような用例はわずかにあるので存在自体は確実と思います。ただ、同じ絵巻でも着用者が1人か2人程度なのと、実際の絵巻を見ると兜に装着しているように見えるので、背中に装…
11-04 14:42

続きを読む

11/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

『W杯決勝 南ア対イングランド』⇒ https://t.co/cXad68mmKR #アメブロ @ameba_officialさんから
11-03 10:50

https://t.co/VxZSP7HtHz 康熙帝の絵だと 護身鏡は鳩尾より上の心臓の位置に有ると言う事なのかだが
11-03 11:39

緑の四角の内側辺りに 鳩尾は入るかも知れぬが ポーズに依るが小札の膨らんだ部分に収まるのかどうかだが https://t.co/FTxsaju1Vm
11-03 11:58

https://t.co/Az0K8GWYGq トルコの鎧の場合は 腹の円盤部分で 鳩尾への攻撃は止まると言う事なのかだが 肩や首部の急所への衝撃は止まるのかどうかだが
11-03 12:05

https://t.co/KDfLRccM2M 左は酒井忠行が大阪陣で利用した具足なのかだが 佩楯のカルタ金は皮の可能性も有るのかだが
11-03 12:21

https://t.co/95fyAqSYfp 銀の紋が入る面頬も有るのかだが こうした物は戦国期には無いと言う事なのかだが
11-03 12:27

https://t.co/dvdJIvNa92 此れは手の急所・合谷が押されているという事なのかだが 組討の最中に此れが押される例等は有るのかだが 板金籠手には通用しないと言う事なのかだが
11-03 13:25

シグルイの伊良子の場合は 鍔競り合いの最中に骨指術を利用したが こうした攻撃は実際可能なのかだが 合谷等が突然鍔競り合いの最中に押される例等は有るのかだが https://t.co/sDN4USjiuT
11-03 13:45

ゴシック籠手相手なら合谷は押せぬ迄も 手首の内尺沢は押せると言う事なのかだが
11-03 13:47

https://t.co/ErBmuPbK0n 鍔迫り合いの最中に 合谷は横から何とか押せるのかどうかだが 具足でもこの部分は鎖なのかどうかだが
11-03 15:11

続きを読む

11/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

シグルイの様に割られた額から流れる血が 両目に入った例と言うのは何処迄有るのかだが https://t.co/HIBWegqvbv 池田屋事件で藤堂平助が油断して鉢金を取り 額を斬られて血液が目に入り戦線離脱したと言うが この際は両目に血が入ったのかどうかだが https://t.co/UbIplgrHlI
11-02 08:52

https://t.co/ETG6D4VgWQ こう言う小型の十文字槍だと 相手を掛ける事は考慮していないのかだが
11-02 09:42

https://t.co/bBB0cGGOFA 藤堂平助も額を斬られて昏倒したと言う意見も有るし 果たして何れが正しいのかだが
11-02 10:06

伊予札丸胴が有る時代でも 西国では最上胴が併用されていたと言う事なのかだが https://t.co/NywXkf2sef 立花宗茂の最上胴と言うのは そう古い物なのかどうかだが 下位の騎馬武者は伊予札丸胴より最上胴が多いのかだが
11-02 10:17

ゴシック籠手だと 手首内側は保護されないなら 内尺沢が強打されてやられた例等も有るのかだが 外尺沢や合谷は この構造では強打出来ないと言う事なのかだが https://t.co/N8uy8Q07vV
11-02 11:12

https://t.co/rV5gDylqwm イタリア式鎧だと 手首内側の内尺沢は ミトン籠手装備の場合は板金で保護されると言う事だろうか
11-02 11:23

https://t.co/s18B92x2iA 足の甲の板金も 細分されているが 鎬の有る物では甲利を打撃出来ない可能性も有るのかだが
11-02 11:41

https://t.co/0RweZpvSNb こうした鎬の無い物も有るが 甲利の部分の板金は幅が広いのかどうかだが
11-02 11:42

https://t.co/t1CLr5JyQ1 甲利と言うのは 足の甲の中央よりは前の方に有るのかだが この部分の板金の幅が広い例は有るのかどうかだが
11-02 11:51

https://t.co/rZkkq3Es4n マクシミリアン鎧の場合 甲利部分の装甲は密着していない様に見えるし 足甲の防御力が強化されていると言う事なのかだが
11-02 11:55

続きを読む

11/01のツイートまとめ 

boukenkyuu

@katuchimaon 顔を斬撃しても無力化出来ない者も 目の下に矢が命中しても これを放った敵を討ち取ったと言う前田利家等が居る訳だろうから 戦闘訓練を受けた者には相当数居た可能性も有るのかだが
11-01 09:16

@katuchimaon https://t.co/LB8NIFILAk 頸動脈も最大15秒 上腕動脈は5秒出血しても意識を保てると有るから そうした血管を切断しても短時間は反撃を受ける可能性も有るのかだが 大腿動脈は1分意識が保つ例等も有るのかだが
11-01 09:18

@katuchimaon https://t.co/Mf9BwnFb9l 鎖骨下動脈は2秒と短時間しか保たない様だが 脇部分はどうなのかだが 腎臓をやられると即座に意識不明と成るのかだが 下行大動脈は1-2秒で意識不明と有るが 腹を深く斬られても1分程度意識の有る者も漫画では良く有るだろうか
11-01 09:21

https://t.co/osrgo7bZ4z シグルイの藤木の様に腕の根本付近が斬られた場合は 止血する前に2秒程度で意識不明と成る危険も有るのかどうかだが https://t.co/INTvmUGKEl
11-01 09:48

https://t.co/LB8NIFILAk 前腕部の放射動脈も斬られると30秒で意識不明と成るなら ナイフを持つ相手に腕の内側を晒すのは可也危険と言う事なのかだが
11-01 09:54

人間にもサラマンダーの四肢再生力が眠っていることが判明(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース https://t.co/k6AOUHdKQT
11-01 11:58

7時間以上寝るのやっぱり大事。40億件のFitbit睡眠データが立証 https://t.co/BTLR30wPXP
11-01 12:07

米空軍にはじめて対ドローン用レーザー兵器が導入される https://t.co/MWFgm694Rj
11-01 12:11

シグルイの牛股も 脳を幾らかやられた状態で戦闘していたが https://t.co/mB9ZXVnobu 内臓が幾らか思考を補助出来る可能性と言うのも有るのかどうかだが https://t.co/y54yrEjgT7
11-01 12:58

https://t.co/NOsibeLao5 脳が余り無い様な状態でも 思考力を保っている例も現実に有る様だが 脳の中枢部分がやられれば厳しいと言う事なのかだが
11-01 12:59

続きを読む

10/31のツイートまとめ 

boukenkyuu

新刀も戦闘より試斬重視と成り 硬く折れ易いと言う意見も有るが 慶長期の新刀は戦闘を考慮して 柔らかい可能性も有るのかどうかだが 荒木又右衛門の時代の新刀は試斬重視で硬い可能性も有るのかだが
10-31 08:50

鎌倉末の法然上人絵伝では 鍔元を左手で持って左前で刀を構える騎馬武者らしき兵も書かれるが(赤い部分は鍔と言う事だろうか) 屋内の乱戦ではこうした短い持ち方も多用されたのかだが 脇差をこうした持ち方で両手打はしたのかだが https://t.co/WQc7C9q5Fg
10-31 17:57

両手持ちすると茎が短い影響で柄が破損すると言う片手打の刀も 鍔元を持ち両手打ちがされた例も有るのかどうかだが
10-31 18:04

鍔元だけを持って緊急的に左片手打ちがされる例等は 果たして有るのかどうかだが
10-31 18:07

https://t.co/fo6D9P4n04 左の騎馬武者の太刀の鞘は 刃が上に成っているが 絵の間違いでは無く下馬戦闘を想定して逆に装備したと言う可能性も有るのかだが https://t.co/KxfJLjcVM0 周囲の他の兵で同様の例は何故か無いと言う事だろうか
10-31 18:23

屋内戦を意識して刀を左前で短く持ち 太刀の鞘も下馬戦闘に備えて上下逆とした者が実際居た可能性も有ると言う事なのかだが
10-31 18:27

https://t.co/p2yUzvzvav そうした持ち方を意識してか 鍔元12cmに刃が無い例も有るのかだが 脛巾は此れは含むのかどうかだが
10-31 18:41

https://t.co/dvZrmlCdeM 西欧剣の場合リカッソを持つのは 逆手持ちの際だけなのかだが
10-31 18:46

https://t.co/zUGjWcUDUI 左のドラムカンの側面部の厚さは https://t.co/ziuNayQWs7 0.9-1.5mm程度なのかだが 1mm厚程度の鉄小札や篠も多いと言う事だろうか
10-31 19:44

漫画・卜伝と義輝に有る様に 多数の敵に対する際は体力消耗を避ける為に 無駄に腕力を使わないとすると 脇や首・腿内側の血管を狙う事が多いのかだが 両腕を同時に深く切り抜くと言う様な例も有るのかだが https://t.co/VtTmnDmz6k
10-31 21:03

続きを読む