FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2019年09月 

09/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ZRhMDBzAZd >戚継光 「拳経捷要」(『紀効新書』第14巻) >拳法は大きな戦争の勝敗にはかかわりない技(わざ)のようである。しかし手足を動かして肢体を慣らし勤めることを初学の基本とする。これまた武芸のなかの一家をなすものである。
09-03 09:20

https://t.co/sPHEIeOhgS >ガチ甲冑合戦には約3mの槍を使用した。合戦では6-7割の確率で組討となると古人が伝えているが、実際にやってみるとそうである。約6割の確率で組討となり短刀でとどめを刺すこととなった。
09-03 09:25

一方で日本では6-7割は組討で決着と言う意見も有るが 隊列を組んだ集団戦での組討は危険と言う意見も有るが 乱戦に成った後はその限りでも無いと言う事かも知れぬが
09-03 09:28

戚継光の軍の場合は軽装甲の倭寇相手に組討での決着は余り無く 組討が有効な乱戦に成る前に敵を敗走させる様な戦術を重視していた可能性も有るのかだが とは言えリーチの短い藤牌兵は 武器を持った状態での組討を仕掛けられる例も多い可能性は有るのかだが
09-03 09:31

雑兵物語の下の組討は 槍勝負終了後と言う事なのかだが 槍の脇に配置される銃・弓兵や奉公人が敵の生き残った槍兵に攻撃された際 刀で此れに対抗しつつ組討を仕掛けたと言う事なのかだが https://t.co/ovCFEbtgGx
09-03 10:18

槍を持つ騎馬武者相手に組討等するのは弓・銃を使用する騎馬武者や 士鉄砲・士弓組と言う事なのかだが 持槍足軽相手でも弓・鉄砲足軽は組討で勝利出来るのかどうかだが
09-03 10:20

持槍足軽に対しては 弓足軽は弭槍のリーチ迄踏み込むのが精々と言う可能性も有るのかだが 槍を持つ騎馬武者相手には此れさえも同数では出来るのかだが
09-03 10:23

槍勝負に勝った槍兵が脇に配置されれる銃・弓兵・奉公人を攻撃する前に 銃・弓兵と奉公人同士の刀・弭槍を利用しての乱戦・組討が始まる例も有るのかどうかだが
09-03 10:25

島津軍の大太刀兵が戦闘序盤から龍造寺軍等の槍に斬り込んだ際には 双方が組討も利用していたと言う事なのかだが
09-03 10:43

藤牌兵やロデレロが 武器を持った儘片手を自由と出来る槍やハルバード・大太刀・モンタンテを持つ兵等に組討を仕掛けられてやられた例は多いのかどうかだが
09-03 10:46

続きを読む