FC2ブログ

Category

2019.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2019年07月 

07/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

【 珍品 】 鶴足皮巻合口短刀拵 大名家を中心に流行した高級「鶴足皮」の外装です 柄も鞘も全部が鶴足皮巻き!! 保存刀装具合格保証品 https://t.co/7AQ3BNCm6P 此れは鶴の足の革が巻かれる 拵なのかどうかだが
07-08 14:42

https://t.co/zgsdYsMewm 鶴足皮の鞘・鶴の金具迄有る拵等も有るが 戦国期に同様の物は有るのかだが
07-08 14:46

コレクター品!最高級品の銀透かし花鳥図高彫合口拵え・煙管仕込み型拵・平造り柾目肌直刃調の刃紋!大名道具・姫君懐剣!!最上級品 https://t.co/N4XeSUB8T5 姫用の煙管仕込み型懐剣等も 有るのかどうかだが
07-08 15:27

RT @tozenkagurazaka: 安易にナイフを持ってる腕を掴んだら危ないよという動画 https://t.co/80suDUd5kq
07-08 16:12

漫画・柳生兵庫助で 鎧武者の脇を斬る場面も有るが 甲冑剣術的な半身でも脇の裏籠手部分を斬れなくは無いと言う事だろうか 脇を迂闊に突くと刀が食い込んでいる間に やられる危険も有るのかだが 抜く迄に相手の剣を手で抑える等して カウンターを封じられれば其の限りでは無いのかだが https://t.co/J8gSwpiYke
07-08 17:51

脇引でも裏籠手上部は保護されないだろうが 一部の篭手や鎖帷子ではこの部分が保護される例も有るだろうが 果たして何処迄使われたのかだが 脇への突きも浅い突きなら直ぐ抜けるだろうから 相手の剣を手等で抑えてカウンターを封じる必要は必ずしも無いのかだが
07-08 17:53

こうした突きも伝書に有るが 強く突かないと脳にダメージは与えられず カウンターを受け得る可能性も有るのかだが 中途半端な突きで眼窩の骨に刀が食い込み カウンターを受けやられた例等も有るのかだが https://t.co/XA7XUL6rQa
07-08 18:04

https://t.co/B6ohw7Nyz6 眼窩の骨には穴も有るが 刀が此処に入り込むとは限らぬと言う事なのかだが
07-08 18:05

草摺の隙間を縦に斬る様な技も漫画で有ったかも知れぬが 現実には使われたのかどうかだが 揺糸部分を横に斬る例も有るだろうが この部分に腰鎖が入る例も戦国期の鎧でさえ有るだろうか
07-08 20:19

https://t.co/KmfllfLE9R 腰当装備なら戦国期の短い揺糸部分の隙間は鞘で埋まるかも知れぬが 大阪夏の陣図に有る腰当は恐らく筒腰当だろうし 此れは固定的では無いなら鞘が揺れて 隙間が生じる可能性も有るのかだが
07-08 20:21

続きを読む