FC2ブログ

Category

2019.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2019年07月 

07/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

イタリア鎧+片手剣では 甲冑相手ではハーフソードでの接近戦を仕掛けて来る可能性が高いと言う事なのかだが 後退して刀でアウトレンジするにしても此れを読まれて同様のカウンターを受け得 スペースの無い戦場では無限に後退は出来ないと言う事だろうか
07-07 11:42

片手剣のハーフソードに対しては 刀では2刀か 組討を利用と言う方向しか無いのかだが 接近戦では板金鎧のガントレットや肘での打撃には 何処迄対応出来るのかだが 膝蹴りなら大立挙装備の筒脛当の蹴りが 似ていると言う事なのかだが
07-07 12:00

日本の甲冑組討でも 掌打や肘打が主に体勢を崩す為に利用されている可能性も有るだろうし 顔を狙った掌打・肘打ちも有るのかどうかだが
07-07 12:08

桶側胴や最上胴をミトン籠手で殴ったとしても ダメージには何処迄成るのかだが 16世紀後期の非ミトン籠手では 指を痛める危険も有るなら何処迄打撃は有るのかだが 護拳を利用した打撃なら有ると言う事なのかだが
07-07 12:13

非ミトン籠手でも14世紀からスパイクが付いている例も有るだろうし こうした物を装備している者は 非ミトン籠手であれ打撃をして来ると言う事なのかだが 16世紀後期の銃の時代では そうしたスパイクが付いた籠手は今の所見ないが
07-07 12:29

そうしたスパイク付き籠手も14世紀では首の鎖部分 15世紀後期では腰部の鎖が露出している部分等を打撃していたのかだが 板金の無い首の後部も殴っていたのかだが
07-07 12:41

関東 雨雲レーダーに映らない雲から弱い雨 その理由は - ウェザーニュース https://t.co/civ6SpuKUe 雨雲レーダーに雲が無い状況で 突然自分の頭上等に雨雲が生じると言う例も有るだろうか
07-07 14:17

https://t.co/Iyv0Na3XKH >出る、下がると見せかけて、出るとかそういう"だまし討ち的なこと"をやっていかなければというのが反省点ですね。    下がると見せて 踏み込むと言う様な例も フェンシング以外でも有ると言う事なのかだが
07-07 14:48

逆に踏み込んで胴を狙うと見せて引き 籠手を狙うと言う様な例も有るのかだが
07-07 14:55

https://t.co/o4xQe1PvG0 >相手の技や特徴を知らずに試合に臨むと、相手の攻撃を受けてみて初めて戦法を知ることになりますが、事前に映像を見ておけばそうした無駄な失点をせずに済みます。
07-07 15:05

続きを読む