FC2ブログ

Category

2019.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2019年06月 

06/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

順手・逆手のスイッチ中に 攻撃を受けない様にする必要は有るだろうが 2刀では片方はスイッチせねば防御に使えるだろうが 安全と見れば2刀が同時にスイッチされる例も有るのかだが スイッチすると見せて敵の攻撃を誘い カウンタ-と言う例も有るのかだが
06-09 10:25

逆手で近接戦を挑む相手を 引いてアウトレンジと言うのも 密集した集団戦では余り出来ないと言う事だろうか
06-09 10:28

https://t.co/sbguj77XPW 実物のバックラーの背面の写真も有るが グリップは棒状であるなら ベルトで持つペルシャ的な盾の様に 持った儘組討はし難いと言う事なのかだが 盾での打撃力はこちらの方が上かも知れぬが 組討が出来た方が良いと言う事は無いのかだが
06-09 10:53

https://t.co/7e85hCHbfV トルコの盾もペルシャ的にベルト式なのかだが 小型の盾でも小刀よりは敵の剣を受け易く 敵の視界も奪え 小刀と異なり持った儘組討も出来るが 何れが有用なのかだが
06-09 11:00

https://t.co/VPs3GTZTvO ペルシャ的な組討も出来る盾なら 剣を同時に持つ事も出来るだろうが この盾だけ2枚持ち両手で組討もしつつ攻撃と言う様な例は 有るのかどうかだが 盾にスパイク以外の武器が装備される例は有るのかだが
06-09 11:21

https://t.co/pmPuHH57St こうした印の武器装備の盾も ペルシャ的な盾同様にベルト持ちだろうが これを2枚装備して組討もしつつ戦った者は居るのかどうかだが
06-09 11:38

武器装備の盾2枚+剣2本と言う様な組み合わせは 何処迄有るのかどうかだが
06-09 11:51

https://t.co/kaGOKYab20 >現代は明治期に本阿彌平十郎が考案したと言われる「金肌拭い」が主流である。 金肌拭い自体は江戸時代からあったと伝えられている。   江戸期以前に金肌拭いが 一部の高級品に行われていた可能性は有るのかだが
06-09 12:21

https://t.co/ETrlI912BS  >実際は「金肌拭い」は既に慶長(1596)から行われていて,“鞘店研ぎ”という安研に用いられていた。これは刀の錆びた箇所だけ上鏡寺砥石で研ぎ,その鑢目を中名倉砥で取り,次に小名倉砥で研いだあと,あわせ砥に簡単にかけ,最後に金肌で拭う,と云う手抜き研ぎを
06-09 12:34

とは有るが 全面が金肌拭いされた例も或いは同時期に有るのかだが 中国の技法と言うから 15世紀の日明貿易或いは此れ以前にも入っていた可能性は有るのかだが 事林広記が出た南宋期以前には無い可能性も有るのかだが
06-09 12:36

続きを読む