FC2ブログ

Category

2019.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2019年02月 

02/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/mrwuxmeSQn >扈三娘 >武芸も一流だが、敵を捕らえる術にも長けており、女と侮って深追いした彭玘や郝思文を套索(からめ縄)で生け取っている。  套索と言うのはモンゴル的な投げ縄かも知れぬが 水滸伝が成立した明時代には中国で使われていたのかだが
02-20 12:21

https://t.co/mMLycrtJFN 左に有る絵を見る限りは モンゴルと同様の投げ縄である訳だろうが 日本軍が此れでやられた例は有るのかどうかだが 後金騎兵も此れは利用したと言う事なのかだが
02-20 12:25

新免無二の戦国期の十手術は 戦場用と言う事なのかだが 明軍等でサイを戦場で利用した例は有るのかだが
02-20 12:47

https://t.co/hm2vX8lJt7 >圓明實手流と類戚関係にある鉄人實手流の伝書には右手に太刀、左手に實手を持った絵図面が載せられている。  戦国時代の両手持ちの十手の絵も有るだろうが 短い物が刀との二刀流で利用される例の方が多いのかだが 捕物術に有る二丁十手は戦国期には有るのかだが
02-20 13:09

両手持ち十手と片手持ちの十手の二刀流或いは 両手持ち十手の二刀流等は果たして戦国期に有ったのかどうかだが
02-20 13:18

水滸伝でも呼延灼の様な双鞭は有るが サイの二刀流等は無かっただろうが 戦場で果たして利用されたのかだが 双鞭も現実の明兵は利用していたのかどうかだが
02-20 13:58

https://t.co/VJV6jQoYED >有名な使い手として、北宋建国に貢献した呼延賛(中国語版)が挙げられる。  呼延賛の場合は 鉄鞭は1本利用なのかだが
02-20 14:03

https://t.co/rFV0vAvb5K 上の戦国期の十手の右の物は 石突がやや尖るが 鎖鎌にも同様の物が有るが 石突での攻撃を多用したのかどうかだが
02-20 14:11

https://t.co/4dd6xoOeAs 硬鞭の場合は 先端は尖る物も有るが 石突部分が尖る物は有るのかどうかだが
02-20 14:21

走りながら銃を放とうとしている様に見える足軽も 黒田屏風に書かれるが こうした事が有るとしても近距離射撃限定なのかだが https://t.co/X5Pb7rMCHw
02-20 17:20

続きを読む