FC2ブログ

Category

2019.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2019年02月 

02/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

Check out Japan antique Eboshi battle hat samurai yoroi kabuto katana armor katana Busho https://t.co/EFFuFmXFxF こう言う線だけの鋸歯紋が入る例は 戦国期の陣羽織等には有るのかだが
02-14 12:39

六つ入り鎖 マンチラ https://t.co/Ev3mivtrQK こう言う鎖なら ニードルボドキンでも阻止出来るのかだが 柔軟性も有る様だが 戦国期には有るのかだが
02-14 13:36

上の鎖はリベット留めでは無いし https://t.co/yUoeACzcfc クロスボウのニードルボドキンではリベット留めの鎖さえも破損して貫通しているなら 或いは阻止出来ない可能性も有るのかだが
02-14 13:57

https://t.co/z5LM8mBF2u 日本でも鴆毒(亜ヒ酸)が使われていたのかだが 手裏剣等への利用は有るのかだが
02-14 15:01

https://t.co/idGXHstwtW 翼に毒の有るピトフーイ等の鳥は現実に居たが 此れに依らない鴆毒の作成方法の記述と言うのも有るから ある時点では此れに切り替わっていたのかだが
02-14 15:19

https://t.co/7rFbbtMoPq >ピトフーイには、羽根や皮膚に毒があるので触れるだけでも危険です。また、筋肉にも少量の毒が含まれます。ピトフーイは毒を自ら生成しているわけではなく、毒を持っているChoresine属の甲虫を食べる事で、毒を持つ鳥となっていると考えられています。
02-14 15:22

羽毛恐竜にこうした毒が有る例は 果たして有るのかどうかだが
02-14 15:22

https://t.co/1SYphme2JF >東北のマタギの間では、明治時代に鉄砲が普及するまで毒矢が狩猟に用いられていた。  此れはトリカブト或いは アカエイの毒なのかだが 戦場での利用は忍者以外では無いと言う事なのかだが
02-14 15:32

https://t.co/FSZGNnrajC モンゴルの毒矢の場合は トリカブト或いはヘビ毒利用なのかだが 此れで致命傷を受けた日本兵は居るのかどうかだが
02-14 16:07

https://t.co/yXMYJyDP9J 明の毒矢と言うのは トリカブトが大半と言う事なのかだが 矢を30本受けて生還した島津軍の者等も居るから 使用数は余り無いのかだが
02-14 16:33

続きを読む