FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年12月 

12/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

初期の桃形兜は https://t.co/7QpvTlFRWJ 左の様なバーゴネットを参考としたのかも知れぬが 後期の物は前方に湾曲しているだろうが https://t.co/BXIJ11xBzV 左の様なキャバセットが参考とされた可能性も有るのかだが https://t.co/Qnu5MNYuvy 此れは大概は後方に湾曲しているが
12-20 10:17

前方に突起が向いているキャバセットの現物は https://t.co/qLyikvjZ6R 左のインドネシアの物しか今の所見ないが 後方に突起が向いている通常の物の 房飾りを付けるソケットが無いタイプを 前後を間違えて認識した物が 後期の桃形兜の参考とされた可能性も有るのかだが
12-20 10:21

https://t.co/NYeKYddYUI 右の桃形兜が 現存最古の永禄期の物と言うし 此れは既に前に湾曲しているが https://t.co/h0LnLM3iuA 1570年頃には後方に湾曲したキャバセットは有るが 此れ以前の物も有るのかだが
12-20 10:32

https://t.co/GJixnMl5jy 1560-70年頃の キャバセット的なモリオンも有るし こうした物で桃形兜に似た物が 前後逆に誤認されて 初期の桃形兜に成ったと言う事なのかだが
12-20 10:46

https://t.co/7srFKYsZao 1480-90年頃にそうした上部が湾曲したキャバセット的兜は既に有るから 永禄初期にも有ったと言う事なのかだが
12-20 10:55

レパントの海戦等の船上でボーディングパイクを持つ恐らく士官は 陸上で戦闘する際はハルバードに持ち替えた可能性等は有るのかだが ロデレロや両手剣を使用する兵もパイクに持ち替えた可能性は有るのかだが
12-20 11:25

大友氏等傘下の 元は商船の兵だったかも知れぬ西欧兵も 騎馬武者クラスでも蜻蛉切の様な 6mのパイク的長槍を 下馬戦闘時には利用した可能性は有るのかだが 乱戦ではロデレロ的な剣と盾 或いは両手剣が使われた可能性も有るのかだが 士官はハルバード的な短い槍を利用した可能性も有るのかだが
12-20 11:31

そうしたパイク的長槍を西欧兵が使用していたとしても 日本槍術の影響で打撃も多用している可能性も有るだろうが 船上で使う両手剣は長槍に切り込んでは居ないだろうし ロデレロ的な兵に斬り込む物だろうから 日本の槍衾に切り込んだのかどうかだが
12-20 11:37

レパントの海戦の絵のトルコ兵は 盾を使用していない様にも見えるが https://t.co/nozCRMyRV5 左のミニアチュールでは ポールアームと盾を持つ兵も居るが 彼等は海戦には利用されたのかだが 銃兵にも一人だけ盾らしき物を背負っている者も居るが こうした者は多かったのかだが
12-20 11:57

https://t.co/5cpl6ISt9e こちらにも盾らしき物を背負うイェニチェリ銃兵が居るが 士官的な者なのかだが
12-20 12:04

続きを読む