FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年12月 

12/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/VDhOyGmJmO 黒田屏風の真田隊の薙刀が異様に多いのは 家康本陣突入を考慮して 槍に斬り込む事を狙っていた可能性も有るのかだが https://t.co/RgGpPstjrC 槍勝負の前線では特段薙刀は多くは無いだろうか
12-15 09:40

https://t.co/JjdM9GeWTN https://t.co/vIV6t9Am61 戦国期の船手具足も左の様な鱗札が多い形式なのかだが 鱗札は無いか前田慶次の具足の様に極限定的に使われる可能性も有るだろが 左の様に素懸縅には成っている可能性も有るのかだが
12-15 09:54

素懸縅では有るが 越中的な軽量な物が使われる訳では必ずしも無いのかだが
12-15 09:56

https://t.co/FP5Xar7mVC 左のスペイン兵のハーフパイクは 海戦用かも知れぬが https://t.co/ihErOdUYp8 ボーディングパイクは基本的にこの枝付き形式なのかだが 2.5mの物が有ると言う記述も有るから日本の騎馬武者用槍共 何とか渡り合えるのかだが 2m程度の物も多いのかだが
12-15 11:23

https://t.co/R6cR3lMK3S 左のレパントの海戦の絵の左下のスペイン兵の槍は ボーディングパイクなのかだが 枝が有るかは良く分からないが
12-15 11:39

槍は殆ど書かれていない所を見ると スペイン軍船の白兵戦部隊はロデレロ主体で指揮官はボーディングパイクを持つと言う様な形式の可能性も有るのかだが 陸戦で槍主体の日本軍にロデレロで斬り込むと言う事は考えるのかだが
12-15 11:46

レパントの海戦の絵には 盾と槍を持つ様に見えるスペイン兵が居るが 槍はコルセスカ的にも見えなくは無いが 士官的な兵なのかだが https://t.co/0pGX6Hn3h9
12-15 12:01

下の場面の槍は盾とは併用されないが 先端形状は良く分からないが 両手剣はこの絵が書かれた1603年時点で有るのかだが 英が両手剣を船上で使用したと有るが 此れは16世紀の話なのかだが オランダの場合は17世紀後期でも城に両手剣装備の兵が居るが 船上では使用したのかだが https://t.co/bvMIhYeMha
12-15 12:33

両手剣を持つ者が日本に来る西欧の商船に果たして居たのかだろうし ロデレロと銃兵・砲兵及びボーディングパイクを持った極一部の士官しか居ない可能性も有るのかだが
12-15 12:35

大友軍等に両手剣を持つ西欧の兵が仮に居ても 剣はロングソード程度の110cm程度の物しか無いなら 日本の槍に対抗する為に日本製大太刀を使用した可能性も有るのかだが ロデレロも槍に対抗困難と見て 槍や大太刀に持ち替えた可能性は有るのかだが
12-15 12:42

続きを読む