FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年12月 

12/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

上杉謙信の亀甲金の篭手が当時の物なら 1570年台には亀甲金は有ったと言う事かも知れぬが https://t.co/Tvmltmr0Y9 龍造寺隆信の亀甲金の小鰭・脛当の立挙は1584年迄の物なのかだが https://t.co/LMSX93cyuB 小幡信貞の具足にも同様の物が有るが 1592年迄の物の可能性も有るのかだが
12-10 10:53

甲冑の紋のサイズは 大阪陣では未だ大型であると言う事なのかだが https://t.co/kzXGQ94ma0 左の松平信一の具足は家康から拝領した物と言うが 1595年以降の物と言う事なのかだが 関ヶ原ではこうした大型の紋が使われたと言う事なのかだが
12-10 11:06

戦国期で大きく無い紋が入る例としては  https://t.co/SKkUtBz1h2 左の後藤又兵衛の物も有るが 此れは古い具足なのかだが
12-10 11:12

https://t.co/4jfwGN6bG7 左の立花宗茂の胴の紋も やや小さいと言う事なのかだが
12-10 11:17

https://t.co/vYSNnLzDRk 左の真田昌幸の佩楯の紋は やや小さいと言う事なのかだが
12-10 11:33

https://t.co/LN9zwrmhKH 左の加藤清正の胴の紋は立花宗茂の最上胴と 似た位置に有るが https://t.co/R7hy7TCHyy 左の物は下部に有りやや大型だろうか こうした物も陣羽織でかなり隠れる例も多いのかだが
12-10 11:46

古い物でも紋が小さく成る例は https://t.co/LMSX93cyuB 左の小幡信貞の物が有るが 段替的胴の板札部分が小さい場合 此処に入る紋が小型化されると言う事なのかだが
12-10 11:48

https://t.co/W1A55OMAcC 八田金十郎の胴の場合は 横長の蒔絵が有るだろうか
12-10 11:53

https://t.co/MT8HmCqjMF 榊原康政の胴の紋は 胸板部分に迄出ている訳だろうか こうした大型の紋が鼻紙袋で一部隠れる例等は有るのかだが
12-10 11:57

下の絵の様に胴の下部は鼻紙袋が有り この部分の段は縅糸が有り紋は無く この上部の段に鉄板札が有り 紋が有ると言う様な例は有るのかだが https://t.co/12Iarj2IvF
12-10 12:08

続きを読む