FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年12月 

12/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

ベルセルク40巻の巨人が騎士を倒せる程度の小型の石を大量に投石紐等で放れば 鷹の団一般兵は壊滅していた可能性は有るのかだが 戦魔兵には大型の石でも通用しないと言う事なのかだが
12-03 09:14

投石機から小型の石を大量に放つと言う例は有ったのかだが https://t.co/ulHbhDotrJ ヤクサルテス川の戦いでアレクサンダー大王がスキタイ騎兵を投石機で攻撃しているが この際は小型の石を大量に放った可能性は有るのかだが
12-03 09:26

北条軍等は銃の時代でも馬鎧が有るが 雑兵物語では先ず銃撃戦が有り 恐らく此れを冷却・清掃が必要と成る5発程度放った後 弓のみでの射撃が始まると言う事だろうが 銃を5発放った後に乗馬突撃するなら弓を幾らかは防げる馬鎧は意味は有ると言う事なのかだが
12-03 10:02

https://t.co/5TNaiVF7nj >しかし、長篠合戦直前の頃の史料では、「馬介が不足しているようだが、着せるように」と書かれており、全員に徹底できていないようです。  武田軍の場合は乗馬突撃は小幡信貞以外は無いなら 馬鎧は必要なのかどうかだが 乗馬追撃時の歩兵攻撃を重視したのかだが
12-03 10:05

侍筒等は射程が無いなら 遠距離の銃撃戦では使わず 引き付けて至近距離で放っていた可能性も有るだろうし 此れでやられた関東の乗馬突撃した騎馬武者も多いのかだが
12-03 10:08

そうした侍筒を持つ兵は 雑兵物語に出て来る関東の騎乗銃兵や弓兵の射撃で牽制し射撃を幾らかは封じていた可能性も有るのかだが
12-03 10:12

https://t.co/5TNaiVF7nj >特に武士ならまだしも、滅んだ大名家の馬に着せた物が残るとは思えません。武田家では馬鎧のみならず、馬具である鐙や鞍もほとんど現存していません。  北条等の馬鎧の革小札の残欠なら 割に残るだろうか
12-03 10:22

弓歩兵の集中射撃も騎馬武者に完全装甲は無いだろうし危険だろうから 味方の弓歩兵が牽制しつつ乗馬突撃すると言う事なのかだが
12-03 10:30

相手が関東の兵なら 数が劣勢で無ければ騎馬武者が乗馬して迎撃して来るかも知れぬし 仮に此れが敗走してもその間に歩兵の銃の冷却・清掃が完了している可能性も有るなら 即歩兵に突撃と言うのは困難なのかだが 再度歩兵が銃撃戦をして5発放たせた後 突撃すると言う事なのかだが
12-03 10:33

https://t.co/7FXbtTpzVC >戦力的には不利で、北条氏勝が北条氏忠の救援に赴きピンチだったが、北条軍1万人に対し勝成は1人で戦いに挑み300もの首級をあげた。  https://t.co/i5RLwhFZle 此れは北条軍が油断して桶狭間の様に略奪をしていた最中の事なのかどうかだが
12-03 12:35

続きを読む