FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年12月 

11/30のツイートまとめ 

boukenkyuu

手甲部分に透かしが入る例等も 戦国期の篭手で有ると言う事なのかだが https://t.co/ETkHNkW5L7
11-30 09:20

https://t.co/UblNQhK3RL >一覧の1597(慶長2)年の自由斎流の秘伝書は狩猟の技術を伝えるいっぽうで、「狭間の矢を射る事」「よろいとおし(鎧通し)の事」とみえ、これまた一覧の1615(元和元)年の津田重長の秘伝書にも「鎧通玉のこと」「先を三角にした太くて長い竹束玉のこと」、
11-30 10:09

竹束を貫くかも知れぬ竹束玉と言うのは大阪陣では有ったと言う事かも知れぬが 大阪冬の陣図で竹束は大量に利用されているから こうした物の数は無かったと言う事なのかだが
11-30 10:34

鎧通玉と言うのは https://t.co/rf9n38PC9C 左の1585年の伝書に有る針金等で2つに連結された玉なのかだが 遠距離での精度は無いと言う事なのかだが
11-30 10:37

1570年に雑賀衆が鉄砲3000丁を運用した辺りからは こうした特殊弾が全てでは無いが可也有った可能性も有るのかだが
11-30 10:41

竹束玉も太くて長いと有るから 標準の3匁弾では無く 縦長の6匁弾等の可能性も有るのかだが
11-30 10:51

そうした縦長の弾も反動が強く 弾道も安定するのかと言う事は有るだろうし 50m程度で発射された可能性も有るのかだが 加熱やススを考慮すると3発程度しか連続で撃てない可能性も有るのかだが
11-30 10:57

雑兵物語では1町(109m)以下の距離での発砲は 指示していない様にも見えるし 縦長の弾も109mで放たれていた可能性も有るのかだが
11-30 11:01

https://t.co/RRW4pYnhwi 明智光秀が朝倉義景に鉄砲の腕を披露した際は45mから直径30cmの的に射撃しているが こうした近距離から小さい的への精密狙撃は 士鉄砲組しか行っていない可能性も有るのかだが
11-30 11:05

縦長の特殊弾や散弾は士鉄砲組しか使用していないかも知れぬし そうした物を25間(45m)程度から 射撃する例も有ったのかどうかだが
11-30 11:06

続きを読む