FC2ブログ

Category

2018.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年10月 

10/30のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/v27yqrAke9 兜鉢や胴が石地塗の具足等も有るのかだが 石地塗の兜は室町期にも有るが 他の場所がこの塗りの物は有るのかだが
10-30 10:50

https://t.co/cQcCn3anBR 石地塗の当世兜と言うのも 拡大すると表面はこの様な物なのかだが
10-30 11:00

https://t.co/Q5KPlHhZfu 左は石地塗と有るが 解説文には兜鉢や胴は 黒漆塗と有るが 果たしてどうなのかだが
10-30 11:02

https://t.co/8sOaQtTtLq 左は室町期の石地塗の兜だろうが 漆は少し残る様にも見えるし この時点では黒漆塗で光沢は有る物が基本なのかだが
10-30 11:11

https://t.co/wYuvqxpeLJ 光沢の有る石地塗の鞘も有るが 兜に塗られるの物の方が凹凸はやや大きいのかだが
10-30 11:15

https://t.co/ZtttV9b0WU https://t.co/XDfvY0RyeY 満智羅的に袖が肩で分割される鎖帷子も有るが 籠手は左右が繋がった指貫籠手の様な物が内部に装備されるのか 或いは鎖帷子の肩部に通常の篭手を固定する部分が有る可能性も有るのかだが
10-30 11:39

https://t.co/j0mRQUozTH 左はhttps://t.co/zhxsvW9Buz 左に有る様な羽織的な帷子の 現物なのかどうかだが
10-30 11:45

https://t.co/etw7dVsQ4D 左は満智羅の肩部に 通常のタイプの籠手を固定する部分が有ると言う事なのかだが 満智羅的構造の鎖帷子ではこうした形式が基本なのかだが
10-30 11:54

https://t.co/3fdqfJc3m9 1615年頃成立の洛中洛外図・舟木本に 胴の下に満智羅を装備しているらしき者が書かれるが こうした満智羅も大阪陣では使用されていたと言う事なのかだが
10-30 12:07

こうした肩の出たタイプの満智羅では 下に指貫籠手が装備されるか 満智羅に通常の篭手を固定する部分が有ると言う事なのかだが 通常の篭手がこの張り出した肩の上に来る様に胴に装備される可能性も有るのかだが
10-30 12:09

続きを読む