FC2ブログ

Category

2018.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年10月 

10/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/H2msrtROLy 絵に書かれる様な シクのシミター2刀流も有るが こうした演武的な動きは実戦でするのかだが
10-27 10:43

https://t.co/slcniv4lti シクのこの直剣は両手持ちなのかだが 柄には錘が有り 重心を手元側にしているのかだが
10-27 10:59

https://t.co/PPi7tCqu5g 此れは中国の流星錘の様な物なのかだが 戦場では利用されたのかだが イスラムやヒンドゥーには同様の物は有るのかどうかだが
10-27 11:06

https://t.co/0qlSdCpaxU シミターのワンピースの様な3刀流等も有るのかだが 口の剣は果たして攻撃に使うのかどうかだが 手の剣を投擲した後口に残した剣を持って使う可能性も有るのかだが
10-27 11:38

https://t.co/aiXsGa4VOd こうした火が付いた鉄球は実戦で利用されたのかだが https://t.co/VVqBwdbf6I 盾と兜に花火の様な物を付けて突撃する例はマムルークに有るが 剣に火を付ける例は有るのかだが
10-27 11:48

ロングソードも刀より薄く柔軟と有るが 15世紀のロングソードは突きの威力を増す為に 断面が菱形と成り厚くしなり難く成っていると言うから 以前の物よりは柔軟性は低下しているだろうが 刀と比べどうなのかだが 細く柔軟性の低下した先端が 折れた例も多いのかだが
10-27 13:00

https://t.co/kaGOKYab20 >差し込み研ぎ  >江戸時代に始まり今日にいたる古式な研磨方法であるが、いささか地味に見える事で現代は明治期に本阿彌平十郎が考案したと言われる「金肌拭い」が主流である。 金肌拭い自体は江戸時代からあったと伝えられている。
10-27 13:17

https://t.co/UFSV6fz7UF 差し込み研ぎだとやや刀身が曇って見えるが 戦国期にはこの研ぎしか無いと言う事なのかだが
10-27 13:20

シミターは基本的に平造りだろうが https://t.co/LJYEorqjp0 明が日本刀を参考として作成した 鎬造りの腰刀(戚家刀)は有るが 清は此れを利用したのかだが
10-27 13:43

鄭成功の兵がこの種の日本刀を模した鎬造りの腰刀や両手持ち刀を 大量に利用していた可能性は有るのかだが
10-27 13:44

続きを読む