FC2ブログ

Category

2018.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年10月 

10/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

越中的な篠の入る格子鎖の胴と言うのは見ないが 有る可能性も有るのかだが 此れと越中的な篭手・佩楯・脛当・そうした格子鎖の入る頭巾を装備しても 重量は4kg程度で収まる可能性も有るのかだが
10-24 11:03

https://t.co/pomJBCFj9j 胴の鎖も全部が格子鎖に成っている物は浮世絵でしか見ないし 上部は通常の鎖か鉄板も仕込まれると言う例しか見ないが
10-24 11:15

https://t.co/P6Tp2SKLEQ 左はかなり上部迄格子鎖が有るが 戦国期にこうした物は有るのかだが
10-24 11:20

https://t.co/oPQCD5fs0C 左の格子鎖の有る鎖帷子も 上部には篠が有るし 内部に通常の鎖が着られている訳だろうか
10-24 11:26

https://t.co/bKeVLKRIYI 忍者の場合は足に明確に鎖が有る例は左しか見ないが 左の様に佩楯は歩兵同様機動性が鈍るから装備していない可能性も有るのかだが
10-24 11:43

https://t.co/NHMgw3k6jS 左の様な鎖は佩楯は無いが 草摺部分が下に長いと言う事なのかだが こうした物も忍者は機動性低下を嫌って 装備は無いと言う事なのかだが
10-24 11:46

浮世絵の鎖帷子には一様に手甲が無いが 大阪夏の陣図や津軽屏風の篭手にも一様に手甲は無いから こうした形式の影響で無いと言う事かも知れぬし 現実の鎖帷子には実物同様に有る例も多かったと言う事なのかだが
10-24 12:16

https://t.co/liWOSgkJO6 こう言う鎖も 脛当の立挙部分は鎖は無い可能性も有るのかだが
10-24 13:04

https://t.co/V99fSc2NBr 鎖脛当も立挙は付いている物以外は見ないが https://t.co/khkPIXrapp https://t.co/gLY225Ql1M 亀甲金が有る物は何処迄使われたのかだが
10-24 13:28

https://t.co/a0Eq6UA5Ux 上の17世紀のアウラングゼーブの肖像画を見ると シミターが馬にも装備されるが アウラングゼーブは二刀流をしていたのかどうかだが
10-24 16:04

続きを読む