FC2ブログ

Category

2018.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年08月 

08/26のツイートまとめ 

boukenkyuu

モンテは前腕部の防御を重視しろ共言うが マクシミリアン籠手は短いが ヴァンブレイスにも溝が有るから 防御力は可成り高い可能性も有るのかだが 長いゴシック籠手に比べるとどうなのかだが
08-26 10:52

とは言え越中具足+鈎管槍装備の騎馬武者と マクシミリアン鎧+ロングソード装備の騎士が下馬して戦えば 技術が同等なら前者の勝率が高い可能性も有るのかだが
08-26 10:56

1615年頃のフサリアの鎧なら 重量は越中具足と同程度だろうが スウェーデンの胸甲装備の騎兵の鎧は更に軽いだろうが 片手剣で下馬戦闘して越中具足+鈎管槍装備の騎馬武者に勝てるのかどうかだが
08-26 11:02

https://t.co/WtbW8tbGZu 左の様な鎧なら 胸甲7-9kg 兜2.5kgと言う所なのかだが https://t.co/IvjzwUp6v9 鎖帷子は左を見ると11kgも有るのかだが 胴には余り無い可能性も有るだろうが 下にギャンベゾンは無い様にも見えるが 有れば4.5kgは追加されるだろうか
08-26 11:55

部分鎖の有るギャンベゾンでも 10kg程度は有る様に見えるが ギャンベゾンが無いとすると 胸甲の下に11kg追加される訳だろうから 7-9+2.5+11kg=20.5-22.5kg程度に成る可能性も有るなら 越中具足より可成り重いだろうか
08-26 11:59

30年戦争時のスウェーデンの胸甲+兜なら 7-9+2.5kg程度かも知れぬが この下のバフコートと言うのはそれなりに重いのかだが
08-26 12:01

https://t.co/J9S0GNm3FM バフコートも1.4-3.9kgと言う事の様だが 矢は兎も角刃に対する防御力はギャンベゾン程度なのかだが
08-26 12:03

https://t.co/aHwlD9SKJQ 左の騎兵用の物は 4kgも有るし ギャンべゾンと大差無いが 刃物は兎も角トルコ弓に対する防御力は ギャンベゾンより可成り低いのかだが
08-26 12:08

https://t.co/zICclEiFHX バフコートでも5.3kgも有る物も有るのかだが こうした重量故に後の胸甲騎兵では廃れたのかだが 馬の速度を利用した斬撃や刺突には 効果は無かった故も有るのかだが
08-26 12:17

◆ 【 江戸時代 面頬 】 兜 鎧 甲冑 武具 面頬 具足 ◆ https://t.co/0d1KIUEFUJ この下部の髭が前に出ているのは 何か意図が有るのかだが
08-26 12:35

続きを読む