FC2ブログ

Category

2018.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年08月 

08/23のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/qPiJsitaZN 雪下胴なら左より高速な動きは出来るだろうが 腕は装甲が余り無いから武器のスピードは落ちないかも知れぬが 足の疲労は不可避だろうし 足は余り使わず疲労したら後列と交替すれば 下馬戦闘でもアルベドの下馬騎士以上長時間は戦えるのかだが
08-23 11:07

南北朝期の騎馬武者も下馬戦闘時には胴丸が利用された例も多いのかも知れぬが 足を使わない攻城戦等では必ずしも装備されない可能性も有るだろうが 野戦で敵騎兵を下馬して迎撃する事も有る様だから こうした際は足の利用を考慮して 胴丸が利用される例も有るのかだが
08-23 11:13

楠木正成軍等はそうした下馬しての迎撃を多用していたなら 胴丸が利用される事の方が多かったのかだが
08-23 11:19

雪下胴はそうした下馬戦闘では使われず 従来型の軽い最上胴の様な物が利用された可能性も有るのかどうかだが
08-23 11:22

関東の騎馬武者でさえ 戦国期では雑兵物語を見る限り乗馬突撃は敵が崩れた際だけの様にも見えるが 伊達軍の場合敵が崩れた際に雪下胴を短時間で装備して乗馬突撃していたのかだが 乗馬突撃専門の部隊が少数居て 此れが雪下胴を装備していた可能性も有るのかだが
08-23 12:17

前立 https://t.co/zG9pyfhVLp 此れは鹿の角が 利用されているのかどうかだが
08-23 12:48

https://t.co/pzuCOTCEzN こうした構造では 銃を撃つ為の視界は確保出来るのかだが
08-23 13:36

https://t.co/2KBdSODnQw こうした装甲入りブーツで綿襖甲の様に大きな小札が入る物は 有るのかどうかだが
08-23 13:40

https://t.co/WZYfPLNKXu こうした兜も1535年では 戦場では3/4鎧に組み合わされているのかだが
08-23 13:43

ドイツの騎士も乗馬突撃で敵に勝利した例は 大規模な戦いでは無いと言う事なのかだが
08-23 13:47

続きを読む