FC2ブログ

Category

2018.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年08月 

08/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/rVZ7Ymef3o 両手持ちクレイモアでも常人では 頭蓋2つ同時両断は無理なのかだが 真柄直隆なら出来るのかどうかだが 3つはどうなのかだが
08-12 08:40

https://t.co/2OKb2xhKvB グレイブなら常人でも 首程度なら同時に2つ両断出来ると言う事なのかだが
08-12 08:53

https://t.co/yNmi6bBTFH 15世紀の胴丸でも 小縁が菖蒲革の例が有るのかだが 江戸期等に張り替えられている可能性は有るのかだが
08-12 09:39

https://t.co/MYlLKqzwvD パルチザンでの頭部縦方向両断は 左のジェルには顔の骨は無いなら 何処迄出来るのかだが
08-12 12:19

https://t.co/FPEhtWebh9 左の車の外板は20ゲージ(0.9mm)の鋼なのかだが 車の外板はステンレスでは無いだろうが 非鋼製のゴシック鎧の1.1mmの脚部装甲辺りと 同程度の強度は無いのかどうかだが
08-12 12:34

下の27kgの軽量化されていないであろうゴシック鎧でも 鉄の硬度は右側は焼入れが有り 300VPH超有ると言う事なのかだが 日本の鎧でもシコロ等が焼入れして有る物が有るだろうが 硬度は基本的に300VPHは下回るのかだが https://t.co/GeptD9rMdP
08-12 12:53

ゴシック鎧ではロングソード運用を重視して 右側の硬度が高いのかだが イタリア式鎧はランスでの乗馬戦闘考慮で 逆に盾の代用として利用する左側が硬いと言う可能性も有るのかだが
08-12 12:55

https://t.co/kX2mhnUxKp >著者が日本刀を切断(国宝級のものではない、消耗品級のもの)し、刃金部分の断面硬さを前述のHV(ビッカース硬度)で測定したものを掲載してあります。刃部でHV606~610程度、   と有るが 日本の焼きの入る鎧は此処迄硬度は無いのかだが
08-12 12:58

https://t.co/pzO9ovVi4U 刀も刃から10mmも離れれば 硬度は200HV以下等にも成るのかだが https://t.co/C4WlIdaZgA
08-12 13:08

下の3/4鎧は平均131VPHと異様に柔らかいが 薄い部分さえも銃弾で割れるのを最大限避けたのかだが 完全鎧も胸甲は300VPHは無く 焼入れは無いと言う事なのかだが グレートヘルムも同様と言う事だろうか https://t.co/4R623RPWOs
08-12 13:23

続きを読む