FC2ブログ

Category

2018.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年07月 

07/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/iJYEgsYB1k https://t.co/l6NrmicJ7p ギャンベゾンより硬革の方が 剣に対する防御力はやや上なのかだが 甲冑用の油で揚げた革(クイルブイリ)では無いが 同等重量のギャンベゾンと比べるとどうなのかだが
07-27 08:14

乗馬戦闘を重視する関東の刀は 1590年台辺りでも太刀的に湾曲していたのかだが 西国でも割に湾曲した刀は慶長期でも有るだろうか
07-27 08:33

https://t.co/01mLLifs8h 西欧剣は薄く柔軟性は有るが 威力を犠牲としている部分も有ると言う事なのかだが 折れ難いとは言えるだろうが 実用上の耐久性に問題が出無い範囲で厚くする方向も有るだろうか
07-27 08:59

西欧剣の場合は盾に食い込んだ後 捻られて折られる危険を考慮する必要が有ると言う事だっただろうが 盾が廃れたりロデレロの様に鉄製に成った後は 此れを考慮する必要は有るのかだが
07-27 09:00

日本でも手盾はそれなりに使われているが 刀が食い込んだ後捻って折ると言う事はしていたのかだが
07-27 09:04

西欧でも14世紀以降の剣は突きの威力を増す為に菱形断面であるし 柔軟性は以前より低下しただろうが 盾に食い込んだ後捻られて折られる事は無かったと言う事なのかだが
07-27 09:07

https://t.co/wePCXcCJeo 剣を投げる攻撃も教本に有るだろうが 板金鎧相手には何処迄投げられたのかだが
07-27 09:42

https://t.co/DEK3qH3A7X 自動車用鋼板も1mmは無いと言う事だっただろうし こうした大型両手剣は投げられるのかだが
07-27 09:58

5kgの重ピルムや6kgの長巻 そうした重量の大太刀・大身槍等が投げられれば 板金鎧の後部等の薄い部分なら 可成りダメージを受ける危険は有るのかだが
07-27 10:00

https://t.co/gSwbV1gGj1 長巻は湾曲が小さく切っ先も鋭いから 投げた時の貫通力は高いのかだが
07-27 10:03

続きを読む