Category

2018.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年07月 

07/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

【櫻】江戸期 鉄鎖帷子 楔帷子 鎧 甲冑 鎧櫃 時代古玩 [ye]6 https://t.co/Zo8nu2oenp 首の白い部分にも鎖は 少なく共一部には入っていると言う事なのかだが
07-11 11:17

希少 133cm 大薙刀 白鞘 拵 漆塗り鞘 https://t.co/Qlx0ZpOEKy こう言う刃長60-70cm程度の物が室町中期辺り迄では標準サイズなのかだが 柄は現代製なのかだが
07-11 12:01

ジョコに勝てないのはなんで?錦織の弱点を考察してみる https://t.co/hk3hn3QN11 >錦織のように厚いグリップは、横に手を伸ばした時にラケット面が下を向く。つまりフォアの遠い打点では力が伝わりづらく、ボールを飛ばすのが難しいのである。  此れを薄くすると言う可能性は 有るのかどうかだが
07-11 13:09

https://t.co/RAG4F6KAsE >錦織選手はウエスタングリップより厚い、フルウエスタングリップです。 これによって面が上を向きにくく、かなり回転量が増えています。自然に肘が曲がるので力が入りやすいです。
07-11 13:20

>そのため、高い打点の強打がしやすい 思いっきり打っても入るので、振り抜きが良く安定感がある 体に近いボールに強い といったメリットがあります。 >錦織選手がフルウエスタングリップなのも、海外選手の跳ねるボールを対処するために幼少期からこのグリップをしていたからでしょう。
07-11 13:21

>ただし、このグリップには注意点があり、 肘に負担がかかる 体の回転をうまく使わないとパワーが出ない リーチが短い といったようなデメリットがあります。 見てわかるように肘がかなり内側に曲がっています。 肘を怪我している方などにはおすすめできません。
07-11 13:23

>あと、グリップが厚すぎてスイングスピードがないと、ショリショリのへなちょこフォアになってしまいます。さらに、肘を折りたたんでいるのでリーチが短く、オープンスタンスを用いてもリーチは物足りません。相手に振られた際に、耐えきれないことが多いと思います。
07-11 13:25

>このように、メリット、デメリットがわかりやすいグリップです。 自分が先に打ち込んで展開するプレイスタイルにはピッタリです。   跳ねるボールの様な物を多用されなければ 薄くすると言う方向も有るのかだが
07-11 13:43

こうした物を使用してもバトルオブネーションズを見る限り ミトン籠手の親指程度にしか 板金の上からでは動きを鈍らせる攻撃さえも出来ないと言う事なのかだが
07-11 14:17

https://t.co/z1GreYZZdc 左の様な物は板金の脚の下には現実には無いだろうが この上に革しか無い場合でもポールアームの直撃には耐えているし 現実には下に鎖も有ると言う事なのかだが
07-11 14:29

続きを読む