FC2ブログ

Category

2018.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2018年06月 

 

boukenkyuu

当世具足の胴の発手の刳上と言うのは 西欧の海戦用甲冑の腰部分の構造を模したのかだが こうした物の一番古い例は 海戦用甲冑が日本に入ったかも知れぬ 1550年台迄には有るのかだが
06-22 09:42

そうした刳上部分も https://t.co/iMzqTnIG2i 1550年台の鎧の左のベルト部分の線より https://t.co/J02NPqpEvA 左の1570年頃の鎧の線に似ているだろうか
06-22 09:43

▲▽蝶々前立 木 14×21cm 50g鎧/甲冑/武具▲▽ https://t.co/QxsIRZfkcX 触覚的な物が後部にも有る 蝶の前立も有るのかだが
06-22 11:54

▲▽雀前立 珍品 江戸時代 木、金塗 6.5×10×4.5cm 30g 鎧/甲冑/武具▲▽ https://t.co/7hddWxM6w2 此れは裏面には 顔が2つ有ると言う事なのかだが
06-22 12:00

江戸時代 時代もの 鎧 甲冑 鎧下 脚絆 鎧下着 具足下着 鎧直垂 小袴 蔵出し 革あつらえ 資料 https://t.co/atOtjNpIAH 革が利用されているのは 防矢性を高める為と言う可能性は無いと言う事なのかだが
06-22 12:34

https://t.co/eqaoARQuxq https://t.co/YlNL6HpLJI 15世紀後期の鎧には 胴の前部分が尖り気味と成っている物も既に有るのかだが 中期頃の物も背中側は 上に持ち上がっている例も有るだろうか
06-22 13:28

大袖と言うのも銃の比率が少ない段階迄は 多用されていたのかだが 1580年台には少数だったのかどうかだが 銃比率は1割も無い長篠辺りでは装備している者は未だ多数派だったのかだが
06-22 17:12

大型の壺袖的な物が銃の登場前から 多数派に成っていた可能性も有るのかだが 16世紀前期辺りの話なのかだが
06-22 17:16

長篠の場合は38000の織田徳川連合軍の銃は1000丁程度かも知れぬし 銃は3% 弓が恐らく17%程度であるなら 弓の防御が重視され 大袖・壺袖等の大型の袖が多用されたと言う可能性も有るのかだが 大型の当世袖的な物も有るのかだが
06-22 17:33

関ヶ原辺りで銃が1割に成った後も 弓の利用は1割は有るだろうが 機動性強化が優先されたと言う事なのかだが 大型の当世袖もそれなりには残っているだろうか
06-22 17:51

続きを読む