FC2ブログ

Category

2018.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2018年06月 

06/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/vac4fdB5xY これでは槍を構えた際の 前腕部の上の方は保護出来るのかだが https://t.co/CiA2CfuZVu 左の現実の物と同様の構造なのかだが https://t.co/Tk0F62x6QJ 乾隆帝の籠手は裏籠手にも装甲が有る様に見えるが 明と同形式の物なのかだが
06-03 10:38

https://t.co/AiV0yytOdw これも裏籠手が打撃されているが そうでは無い部分と何れの頻度が多いのかだが 小手で決着する比率と言うのは可成り低い様に見えるが 突きや胴は更に低いのかだが
06-03 10:46

https://t.co/UqmjcwAJ4l 剣道では小手が37%程度有るが 薙刀では面と脛が大半で 小手は突きや胴よりは多いと言う所なのかだが
06-03 11:06

雑兵物語に有る様に刀での兜の打撃は 騎馬武者でさえ回避している可能性も有るが 小手の決着が増える訳では無く 肩が打撃される率が増える可能性も有るのかだが 脛が有れば薙刀同様に 小手よりこちらが増える可能性は有るのかだが
06-03 11:09

ティムールも忍者に執拗に狙われれば アサシン等を利用して似た様な集団を作る可能性も有るだろうが 果たしてどうなのかだが 鎖鎌や手裏剣等のコピーも有り得るのかだが
06-03 11:34

https://t.co/zCHamdodR7 刀での戦いでも裏籠手に命中している例は有ると言う事だろうが 比率はどうなのかだが https://t.co/rCvjrFqNfJ
06-03 12:00

組打で短刀を受け流す際は 越中籠手や鎖籠手でも有用なのかだが 脇差で強打されればそれなりの打撃は受け得るのかだが
06-03 12:08

自ら情報迄流して 裏切ると見せ掛け 敵対勢力を最後迄牽制し続けると同時に 最後迄裏切らない事で信用や大義名分も得ると言う様な物も有ったかも知れぬが 何だっただろうか
06-03 12:22

明の片手剣の構えでは左側からの攻撃は裏籠手に命中するだろうが どちらが打撃される頻度が多いのかだが
06-03 12:47

実戦は6割が組討で決着していると言う事は 短時間の勝負では決着が付いていないと言う事かも知れぬし 腕等の装甲が重ければ疲労が増して そうした長期戦では不利と成る危険も有るのかだが
06-03 12:53

続きを読む