Category

2018.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年05月 

05/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

17世紀以降のシミターでも 直剣的な物も有るが 此れは馬の速度を活かし槍的に使用していたのかだが 曲剣型より数は可成り少ないのかだが
05-14 12:59

両者の中間の 打刀的なカーブのシミターも有るが こうした物は槍的にも使われた可能性も有るのかだが
05-14 13:03

カットラスやドゥサックも 馬上で使われる物では無いが曲がるし イェニチェリ歩兵の剣も同様と言う事だが 装甲の無い相手への切断力強化を考慮しているのかだが
05-14 13:22

シミターの湾曲も騎兵同士が走って相対速度60km/h等で切り込む事を考慮しているなら 止まった相手に走った騎兵が切り込むなら 打刀程度に湾曲が浅く共良いと言う事なのかだが
05-14 13:29

https://t.co/7xiwCggqRl こう言う状況なら相対速度は60km/h以上有るかも知れぬし 衝撃を考慮するとかなり湾曲した剣が必要と言う事なのかだが
05-14 13:35

ペルシャ・アラブ馬に乗る軽騎兵同士なら相対速度は80km/h以上と言う事も有るのかも知れぬが そうした危険な斬り込みは士気の低い事の多い軽騎兵は何処迄したのかだが
05-14 13:45

トルコ馬的なトラケナーやリピッツァナーに乗る欧の軽騎兵同士が 相対速度80km/hでサーベルを切り結んだ例等は果たして何処迄有るのかだが 相対速度80km/hで直剣型サーベルを槍的に使って 曲刀に勝つと言うのは何処迄出来るのかだが
05-14 13:48

https://t.co/qNzdIZXua0 カール12世の直剣を使用する軽騎兵の馬は 体高140cm台程度なら ペルシャ馬より速度は可成り遅いのかだが
05-14 14:01

南北朝期なら相対速度60km/h程度で騎馬武者が切り結ぶ例も未だ有るなら https://t.co/r4BeHwHMfa 左の様な湾曲が必要だったと言う事なのかだが
05-14 14:14

希少当時物 猿面 面頬 汚れ傷み有 最大横幅16、5cm https://t.co/yeKRsdhBQA こうした鼻が無いが額を覆う物は果たして 戦国期には有るのかだが
05-14 15:18

続きを読む