Category

2018.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年05月 

05/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

大阪夏の陣図に草摺だけを装備する兵等も書かれるが 此れは絵の間違いで無ければ その種の腰当を表現している可能性も有るのかだが https://t.co/4uXZrB4Aus
05-09 09:46

https://t.co/LGAm9MgULD こう言う紐で固定するタイプの草摺も稀に有るが 外装式の腰当と言う可能性も有るのかだが
05-09 10:00

https://t.co/QSqrbDOnBE 左の柳生新陰流兵法の脇構えは自分から仕掛けているから 正規の戦術では無いと言う事なのかだが https://t.co/ga1frZYKHr
05-09 10:20

越中流具足の草摺は薄革製だろうから 射向草摺下端部を連結し隙間を小さくした所で 槍が草摺の上からでもまともに直撃すれば 相当のダメージは免れ得ないと言う事だろうか
05-09 10:25

刀の峰側で相手の刀を受ける例も有るが 古刀は硬軟二重構造では無いから 峰側の強度も割に有ると言う事かも知れぬし 峰打ちや峰での受けが多用された可能性も有るのかだが
05-09 10:31

新刀でも非常に耐久性の高い刀は https://t.co/B10iNflS0y 山浦真雄の刀等有るだろうし 戦国期では騎馬武者用の新刀は騎馬武者用の平均的古刀と同程度の耐久性は最低でも要求された可能性は有るかも知れぬが 峰側も同等の耐久性が要求されていたのかだが
05-09 10:38

足軽胴でさえ草摺は鉄製の物が有る以上は 騎馬武者の当世具足の鉄製草摺は 下馬戦闘をしない備指揮官(士大将)専用の物とは言い切れぬかも知れぬが 鉄製の物は雪下胴や最上胴以外では1割も有るのかだが
05-09 10:41

切鉄の有る兜も大阪陣では使用されていたと言う事なのかだが 切鉄が大量に有る様な物はどうなのかだが https://t.co/DukjGfGk81
05-09 11:08

上の兜の鉄板の二重構造は鉄砲を意識していると言う意見も有るが  https://t.co/OuCjWhTjRo 左には装甲に当たると火縄銃の弾は変形して分裂すると有るから 外側の装甲で弾を分裂させ個々のエネルギーを半分程度以下に分散させて 内側の装甲で此れを止めると言う事を考えた可能性も有るのかだが
05-09 11:19

叩塗の兜も 大阪陣では使われていると言う事なのかだが https://t.co/o5h33zIhMn
05-09 11:37

続きを読む