FC2ブログ

Category

2018.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2018年05月 

05/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/fR9hasGeFZ 左の仙石秀久の兜も 束ね藁形なのかだが 果たして1614年迄の物なのかだが
05-08 12:14

https://t.co/a7K14bD0wI 矢絣の紋が 袴や陣羽織・家地に利用される例は見ないが 古い定番的紋だから 存在した可能性は有るのかだが
05-08 12:19

https://t.co/DyVgxWkRRQ こう言う後立の様に 馬藺的に山鳥や孔雀の尾が配置される例も有るのかだが
05-08 12:24

胴が13kg超等有る雪下胴や南蛮胴の腰部への荷重と言うのも 揺糸部を保護する腰鎖の様な物が装備されていれば 割に分散されるのかだが 佐竹義宣の30kgの胴等も有るが 此れは流石にどうなのかだが 西欧的な綿入れの様な物が下に有るのかだが
05-08 12:35

家康や榊原康政・渡辺守綱の南蛮胴はオランダの海戦用の胴を改造した物だろうから 胸甲7kg程度に草摺1kg程度が付くと言う事なのかだが
05-08 12:39

https://t.co/SQs8kgYrxu Heavu horseman's harness >Gorget: 1.7 kilos Shot-proof breast and back plates: 6.8 kilos Light horseman's harness Gorget: 2.72 kilos Shot-proof breast and back plates: 6.8 kilos
05-08 12:42

家康と渡辺守綱の南蛮胴にはゴルゲットが装備されているだろうが 上を見る限り此れは1.7kgなのか2.7kg程度の物なのか不明だが
05-08 12:46

>Footsoldiers harness Gorget: 2.72 kilos Breastplate: 2.72 kilos Backplate: 2.04 kilos  左のやや軽い4.7kg程度の歩兵用胸甲と同等の物では 少なく共家康の物は装飾が有るから無いと言う事なのかだが
05-08 12:47

重騎兵用のゴルゲットが1.7kgと軽いのは https://t.co/IUHoQKCVNo 左の様に兜の垂と二重に成っている故と言う事なのかだが このタイプのゴルゲットは日本に無い様に見えるし 軽騎兵・歩兵用の2.7kgの物が使われているのかだが
05-08 13:00

https://t.co/Q0noe36Idt 家康の南蛮胴のこう言う巨大なゴルゲットは西欧では見ないし 日本製と言う事なのかだが
05-08 14:12

続きを読む