FC2ブログ

Category

2018.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2018年04月 

04/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

武具・甲冑 T【鉄地黒塗籠手・佩楯・脛当三具】 江戸期 https://t.co/y9qtVkwY91 緑に橙で紋の入る家地等も 有るのかだが 津軽屏風に同様の配色の袴が有ったかも知れぬが
04-20 12:23

津軽屏風の左の袴や筒袖は 緑地に橙で紋が入るのかだが 右の羽織もそうかも知れぬが 陣羽織でこうした細かい紋が入る例も江戸期の物には有るが 戦国期には有るのかだが https://t.co/90DMXzYQPz
04-20 12:37

https://t.co/ldEctsQVmx 佩楯のこう言う波紋は https://t.co/rMcJMPHbx7 左の津軽屏風の袴や羽織にも同様の物が有り得るのかだが 戦国期の佩楯には有るのかだが
04-20 12:45

自己進化型で 人間の知能をあらゆる分野で凌駕している様なAIは 未だ地球には無いのかだが 自己進化型では無い物はそうした物に比べたら 只のプログラム・機械に過ぎぬと言う事なのかだが
04-20 14:45

https://t.co/gTVR8HHZTS  左の様な立涌紋の入る佩楯も有るだろうが https://t.co/M6VdLjf72R 菱型の鉄板が鎖で繋がれる可成り古い佩楯も有る様だが 伊予佩楯に菱紋の蒔絵が入る物は有るのかだが
04-20 15:18

https://t.co/zmoILgmoAp 左は上杉謙信の物かも知れぬ 天正期の廻り鉢と言うが この時点でこうした物が主に指揮官用に 一定数出回っていたのかだが
04-20 16:32

こうした南蛮兜的な高度に防弾が考慮された兜が 南蛮的な胴と組み合わされていた可能性も 天正期に有ると言う事なのかだが
04-20 16:34

https://t.co/hRLZR0ln27 こう言う籠手も慶長半ば頃に既に有ると言うが 軽量化を狙った物なのかどうかだが
04-20 16:52

アップルシード1巻で 重装甲の敵LMに対し ギュゲスがマニピュレーターで殴り付け装甲を(破損覚悟で)貫通させ マニピュレーターの破損した部分の回路を露出させ此れで敵パイロットを感電させると言う様な場面も有るだろうが 内部の者がサイボーグで有れ此れは有効と言う事なのかだが
04-20 17:18

その前に至近距離で殴り付ける場所に機関砲を放って 装甲を劣化させている様にも見えるが その侭撃ち続ければ装甲は貫通した可能性も有るのかだが
04-20 17:28

続きを読む