FC2ブログ

Category

2018.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2018年04月 

04/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/fTZVx0zZSQ 左では組紐をオーダーメイドと言うのも可能な様だが 糸の種類も選択可能と言う事なのかだが
04-09 09:36

https://t.co/aOqj6759vO 亀甲的な紐も 既に作成している様だが
04-09 09:52

綾縅の様に アクリル縅糸の周囲に アイロンプリントで亀甲打を同時多数印刷したポリエステル等の布をカットして布用接着剤等で貼ると言う方向も有るのかだが 印刷ずれが起きるリスクは減るだろうが 直接印刷とどちらが難しいだろうか
04-09 10:14

装甲が重い等で敵より機動力が低い場合2名に攻撃された際は 下の左からの様に 背後に回り込まれる事は後を塞ぐ地形が無い限り避けられないと言う事なのかだが 背後に回り込まれても右端の様に旋回すれば対応出来るかも知れぬが 機動性が低いので隙を突かれる可能性も高いのかだが https://t.co/bWHr0SljRF
04-09 10:46

敵より機動力が高い場合は 下の左からの様に1名のみに対処する様に動ける可能性も有るだろうが 機動性の差が余り無い場合は2名同時の攻撃を受け得るかも知れぬが 背後に回り込まれるのは回避出来 2刀で対処出来る可能性も有るのかだが https://t.co/MCi9qXZiUK
04-09 11:20

https://t.co/fTZVx0zZSQ 左でオーダーメイドして 他者への販売も考慮して同時大量に発注すれば 割に安くは成るのかだが https://t.co/MsjSP3Unpb
04-09 14:01

https://t.co/6YFAcml3b6 https://t.co/2zNOGWgzdy 井伊直政の佩楯等に 赤い鎖が利用されている様に見える例が有るが 此れは針金に赤漆を塗った後 https://t.co/0fIqrdJqKJ コイル状に棒に巻き付けた後切断しているのかだが 黒く光沢の有る古い鎖も多いが 此れは黒漆塗りなのかだが
04-09 15:10

https://t.co/yUnYc8up4w 井伊直孝の具足の場合 篭手迄赤い鎖が使われるが https://t.co/kInyGzz1gs 左の松平忠吉の具足の鎖は 銀が使われている可能性は有るのかだが
04-09 15:29

https://t.co/VgSd1LWnyE 左の現代製の家康の金の具足の鎖に 金が使われる例も有るが 現物にはこうした物は無い様に見えるが
04-09 15:33

https://t.co/C4nF3u8lCn とは言え室町初期の明徳記に金鎖の馬鎧が有ると言う記述が有るから 金が塗られた鎖は作られては居たが 人間用の鎧への使用はどうなのかだが
04-09 15:36

続きを読む