FC2ブログ

Category

2018.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2018年02月 

02/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

深いレベルで精密に精神エネルギーの発生源である魂等を操ると言うのが 魂が無く此れに完全に同調出来ないAIには困難と言う可能性も有るだろうし そうした深層の精密な動作が必要な特殊能力等を 発動し難いと言う可能性も有るのかだが
02-21 12:13

騎士の背面装甲は1.5mmしか無いなら 馬の速度を使わないシミターでも打撃を可成り受け得る訳なら メイス等は無い軽騎兵にさえ包囲されてこうした攻撃でやられ得ると言う事なのかだが 正面からでも手足等の装甲の薄い部分や首等はやられ得る訳だろうか
02-21 12:28

https://t.co/MPmftmKPsM 両手持ち日本刀でも 18ゲージ(1.27mm)の鉄板をそれなりに凹ませられるなら 体とのスペースの少ない背面に此れを受ければ 厳しい可能性も有るだろうか 馬の速度を使う攻撃も打刀が主流に成る前なら有ると言う事だろうか
02-21 12:49

乗馬に長ける関東の騎馬武者なら 馬の速度を使う斬撃は打刀が主流と成った後も有るかも知れぬが 割に湾曲した物が使用されたのかだが 馬の速度を利用して槍で突く攻撃や 薙刀・大太刀で斬る攻撃は戦国期でも有り得ると言う事なのかだが 南北朝期では薙刀のそうした攻撃が多いと言う事なのかだが
02-21 12:55

AIが魂の直接のコントロールでは無く 脳の洗脳でそうした特殊能力を発動させる様に誘引する可能性も有るだろうが 洗脳で発動されていない物に対抗出来るレベルの物が出せるとは限らぬ可能性も有るのかだが
02-21 13:10

AIも合理的で無い行動が苦手であり そうした行動が読めずやられたり 不合理的な思考や感情等を利用して得られる特殊能力等でやられると言うパターンも有るだろうが 現実には何処迄通用するのかだが そうした物でさえ何度も同じ手は通用しない可能性も高いのかだが
02-21 13:35

@SagamiNoriaki https://t.co/f60rpbz4eI >太刀対薙刀を使いながら小太刀を使う術  天道流の技と言うのは此れなのかだが https://t.co/RgFlVw5uti 平教経の様に太刀を薙刀と同時に使う技が無いが 居合的要素が含まれる故なのかだが
02-21 14:17

@SagamiNoriaki https://t.co/RRa5f9AzRo 浮世絵の場合薙刀と金砕棒の二刀流等も描かれるが https://t.co/CYCe5HzjeD こうした長物の二刀流はイスラムでは有るが 日本では何処迄使われたのかだが
02-21 14:26

@SagamiNoriaki https://t.co/NKIkWEMklt 左の薙刀・刀の二刀流は https://t.co/tP2xAx3Jdq 左の新田義貞の様に弓に対抗する為の物かも知れぬが 現実的に何処迄使われたのかだが https://t.co/YX1AHz7Wln https://t.co/K9RLnitw2g 薙刀や刀一本で矢を落としている絵も有るだろうか
02-21 14:41

https://t.co/YdywM5wGbq >飛騨景経の腰の刀を抜き、鎧の草摺りを引き上げて、柄も拳も貫通せよとばかりに、3刀突いて、景経の首をあげました。  此れは草摺の恐らく革札でも短刀では簡単に貫通出来ないと言う事を示しているのかだが
02-21 15:08

続きを読む