FC2ブログ

Category

2018.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2018年02月 

02/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

14世紀なら騎士の馬鎧も絵を見る限り 胸部には一部を除いて無い可能性も高いかも知れぬし 鉄製クロスボウが出た1370年頃なら日本にも騎馬弓兵はそこそこ居るだろうから 弓で馬を騎士のクロスボウの射程外から狙撃と言う事も出来るかも知れぬが
02-14 11:07

クロスボウは矢が短く不安定故に 精度も訓練された弓よりは低いと言う事だっただろうから 射程内でも散開した騎馬武者には 命中し難いと言う事かも知れぬが 1450年以降は騎士も緩発式火縄銃が多く成るかも知れぬが 此れは精度は更に低いと言う事だっただろうか
02-14 11:13

1450年では騎乗して弓を使う騎馬武者も少ないかも知れぬし 騎士を乗馬した騎馬武者で迎撃する事も関東以外では無いと言う事かも知れぬが
02-14 11:16

長柄槍は16世紀中盤以降の登場なら 15世紀の3m程度の槍では騎士を阻止するのは困難と言う事かも知れぬが 騎士の馬鎧は16世紀初期迄無いと言う事だろうから 弓歩兵で可成り阻止出来ると言う事なのかだが
02-14 11:20

16世紀初期の馬鎧装備の騎士も 首に装甲の無い例も多いし 近距離なら弓で打撃を与えられる可能性は有るだろうが 地形無しでは3mの槍で何処迄阻止出来るのかだが
02-14 11:21

1540年以降は騎士の馬鎧も無くなり衝撃力の有る槍騎兵も減り 日本側にも銃や長柄槍が配備されると言う事だろうか
02-14 11:23

満智羅も鎖・亀甲金入りの具足下と比べ 装甲は軽量化されているし https://t.co/OvVW2m8yhK 左の様な16世紀のアーミングダブレットの部分的に入る鎖部分の形状を(入る場所は違うが)模したと言う事なのかだが 綿製の具足下の上に 満智羅が装備される例も有るのかだが
02-14 11:59

希少 珍品! 鉄砲面頬 https://t.co/QhnbkvGrCq こうした物は江戸期の物なのかだが 革の位置を見る限り 越中頬なら鉄砲への干渉は無いと言う事なのかだが
02-14 12:21

https://t.co/8atQgX22bn 家康より拝領した兜と言うが 透かしの有る吹返は当時の物なのかだが
02-14 12:47

https://t.co/sp2oVAN3f1 左の雑賀孫市のイラストでも 似た様な革或いは布張りの有る面頬が有るが こうした物は戦国期には有るのかどうかだが
02-14 13:10

続きを読む