FC2ブログ

Category

2018.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2018年02月 

02/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

その種の中国起源と言う分胴鎖も 15世紀の恐らく前期に登場の鎖鎌に装備された物と言うなら 同時期には有ったと言う事なのかだが 元寇時には移入されていた可能性も有るのかだが
02-11 12:26

金白檀塗陣笠 /// 甲冑 武具 鎧 兜 刀 鍔 鞍 鐙 弓矢 縁頭  https://t.co/MkG13ihFMh 此れは実戦使用は想定しているのかだが 草摺等が金白檀塗の足軽胴も有ったかも知れぬが
02-11 12:33

https://t.co/jMEnWVclJm >高崎藩の小頭具足 笠や胴には白檀塗りの上に黒漆で浮線綾杉文が描かれており,工芸的にも優秀な作品。  此れは小頭用貸具足では有るが 金白檀塗が多いだろうか
02-11 12:36

https://t.co/WNMWTc8MBV 尾張徳川家の貸具足の草摺は金白檀塗だろうが 此れは小頭用と言う訳では無いのかだが
02-11 13:04

https://t.co/tvyE2Oro6s 黄漆の塗られた様な陣笠も有るが 貸し具足の胴に迄此れが有る例は有るのかだが https://t.co/Sjnjpz1f9E 左の上杉謙信の兜のシコロには黃漆が有る様だが 胴全体に黄漆が有る騎馬武者用具足も 確か有っただろうか
02-11 13:22

上杉謙信の黄漆の有る面頬迄有るらしいが 現物は見ないが https://t.co/Nc2pv3n6nL カブキ者の使うと言う刀の 黄漆の鞘が江戸期に禁止されているが 現存する黄漆の鞘と言うのは見ない訳だが
02-11 13:27

https://t.co/lods5rjIGh この島原で使われたと言う板倉重矩の具足の復元品は 胴は黄色の漆を塗る革が張られると言う事なのかだが 草摺には黄漆が有るのかだが
02-11 13:38

https://t.co/CFUqW6hkaT 左の家紋に虎柄が入る陣羽織は 家康が使用していた可能性も有るのかだが
02-11 13:44

https://t.co/DgCIe69ZM5 左の様な立った襟の陣羽織は 戦国期には無いと言う意見も有るだろうが https://t.co/TKuyLXTKHx 左の陣羽織は古いかも知れぬし https://t.co/HisvaOHqiq 上杉謙信のマントにそうした襟の有る例も有るから 此れを模した可能性も高いのかだが
02-11 14:14

https://t.co/JAKkMD5Zfj 秀吉のマントの襟はやや違う形状だが 同様の物が戦国期の陣羽織に有る例も有るかも知れぬが https://t.co/wWCHi5jh2i https://t.co/ClzoGaDqlO 家康等の具足下の襟も こうした物の影響は有るのかだが
02-11 14:22

続きを読む