FC2ブログ

Category

2017.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2017年12月 

12/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/tEf2a74uZH 左の足利義尚の肖像画を見る限り 1487年迄は大鎧は使用されていたのかだが 将軍等の極一部に限られていた可能性も有るのかだが
12-02 13:03

銃登場後は白兵戦突入後も足軽が銃を近距離で放ち 追撃して来る騎馬武者も銃を使う様に成ったから 矢を防ぐ為の大型の袖は廃れたと言う事なのかだが
12-02 13:30

https://t.co/AdZL4cHkjU 真如堂縁起絵巻では騎馬武者風の巨大な鹿角の立物の有る兵が 下馬して白兵戦時に弓を放っているから 強弓を持つ騎馬武者が一部白兵戦時に弓を近距離で放つ可能性も有るだろうし 此れを袖以外で受ければ軽量化された胴丸装備では 致命傷共成り得るのかだが
12-02 14:29

https://t.co/8sTXuoyRcU 15世紀中期の十二類合戦絵巻では 前立を装備した騎馬武者的な者が胴丸を装備しているが 前立装備の者は大鎧装備の者も多い訳だろうか
12-02 14:32

https://t.co/q1WqQJZbJa 十二類合戦絵巻に 大鎧装備の者が 短い袴に縫い付けられた佩楯を装備している様な描写も有るし https://t.co/d3nl2q4d0P 左の結城合戦絵巻等の騎馬武者の短い袴には 実際には佩楯が装備されている可能性有るのかだが
12-02 15:19

https://t.co/j391p048HD 左の15世紀中期成立の 十二類合戦絵巻には宝幢佩楯も有り 膝頭を覆う様な長い佩楯も有るのかだが
12-02 15:23

https://t.co/xf2kOZ0hNI >他にも才蔵は、自分の兜に、こんな細工をしていた。 兜の「しころ」と鎧の「肩上(わたがみ)」を和紙のヒモで結んで動かないようにしていたのだ。  此れでは首が横に回転し難く成る様な気もするが 果たしてどうなのかだが 左向きとした侭固定したのかだが
12-02 15:52

https://t.co/b1169ZZKnH トーナメント鎧では象が肩に付いた物も有るが 腕が動き難く成るから実戦用ではこうした構造の物は無いのかだが
12-02 17:05

神に選ばれた種族も個々の個体の生存迄は保証されていないかも知れぬが そうした種族の最後の一人と成れば 神の気でも変わらぬ限りキリコの様に絶対に滅ぼされない存在と成る可能性は有るのかだが 彼等の遺伝子を解析し他者が別個体を作製した瞬間に 滅ぼせる存在と成る危険も有るのかだが
12-02 17:24

https://t.co/8y1jIEicmg  この籠手は鱗札が多いが 通常の籠手で鎖が有る部分の鱗は 細かくして動作性を考慮しているのかだが 戦国期に同様の物は無いと言う事なのかだが 亀甲金の物は有るだろうか
12-02 19:34

続きを読む