Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2017年08月 

08/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

自然・進化や深層意識体・集合的無意識体は何時迄も同じ事をする事を容認する程甘くは無く 人を大量に殺したり滅亡させても新しい物を生み出そうと 何れ動くと言う意見も 深層では多いのかだが
08-11 10:38

https://t.co/FpCkp6jALH 明の綿襖甲も草摺上部に隙間が有る様にも見えるが 此れは腰後部の隙間と誤認している可能性も有るのかだが
08-11 12:22

https://t.co/3WCghwCclx https://t.co/GVAXf4Q6yW 左の様に斧やメイス等の重い武器を持つ明の騎兵は 下腕部の装甲は無い様にも見えるが 武器が重いから腕の装甲を軽装化して 反応性を増しているのかだが 槍に対抗出来る様な反応性は有るのかだが
08-11 12:25

https://t.co/2po2K9O7WK 水色の綿襖甲の草摺側面の隙間は 腰下部迄に見えるが 他にこうした描写の例は有るのかだが
08-11 12:28

https://t.co/UGBXVGuHkh  https://t.co/7KwV9CUn1s 左の盾も遠距離の2匁筒程度なら止まるのかだが 十匁狭間筒や鎧通玉等ではどうなのかだが 数は何処迄有るのかだが 銃の精度は200m先等は 狙える物では無いと言う事なのかだが
08-11 12:44

https://t.co/mFm2F1fE6h 唐や明の鎧もドラマだと佩楯が騎乗時には後ろにずれている例が多いが https://t.co/83F4uqp9Lv https://t.co/LOQR7Z0tzy 現実には左の様に前部のカバーは可能と言う事だろうか
08-11 13:03

https://t.co/N3CfbUayZT 左の続きだが https://t.co/iyCmNymEBC 或いは動作に依っては脚前部が露出する可能性も有るのかだが 絵ではこうした描写は見ないし 後ろに行かない様に日本の佩楯の様に紐等で 固定されている可能性は無いのかだが
08-11 13:11

https://t.co/KC9teeYCx1 胴の小札の袖が 長く成っている例も多いが 此れは https://t.co/owpbCzzYxU 左の筒袖鎧の様に脇の隙間は埋まっていると言う事なのかだが 動作性はどうなのかだが 小札脇引同様に脇部への衝撃は何処迄止まるのかだが
08-11 13:50

https://t.co/KC9teeYCx1 >The spaudler version seems to be used exclusively for parade and ceremonial duties. とは言え右端の物も実戦で使用された可能性は無いのかだが
08-11 13:52

https://t.co/LRQydIw3eV https://t.co/M1wByqxe0D 綿襖甲にも袖がやや長い物が有る様に見えるが 脇部の衝撃吸収力及び動作性はどうなのかだが
08-11 13:59

続きを読む