FC2ブログ

Category

2017.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2017年07月 

07/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

此れも大阪夏の陣図だが 陣羽織装備の騎馬武者がこの部分にも有ったが 可成り短い物を下の歩兵同様に装備しているし 画面外の右上にも有るが この付近に短い物が3つ有るのは 同じ絵師のミスや癖の可能性も有るのかだが https://t.co/sDTdde0use
07-21 12:13

下は津軽屏風の歩兵だが 具足の上に小袖を装備しているのかだが こうした例は大阪夏の陣図では今の所見ないが 大阪の陣でも行われていたのかだが https://t.co/ugLSVhmwzR
07-21 12:16

ゴザや藁の脚絆・手甲も 布より耐久性は有るだろうが 何故か使われている絵は少ないが 実際は大量に装備されていた可能性は有るのかだが
07-21 12:25

https://t.co/OZd38SKqke 腕にも藁か何かの半手甲が装備される例も江戸期には有るが 下の大日本絵画 日本甲冑史では十二類合戦絵巻に ゴザの手甲が有ると有るから 同様の物は戦国期にも有ったのかだが https://t.co/HGy8qBikIv
07-21 12:57

下の大日本絵画 日本甲冑史の伊勢貞丈のマントの様な母衣の使い方と言うのは 何処に有るのかだが https://t.co/cthsiwd2yo 左の伊勢貞丈の軍用記の絵を 現実的に解釈した物の可能性も有るのかだが https://t.co/xBZr2G0JwI
07-21 13:02

https://t.co/AmwTZMhndZ 左の続きだが 下の絵の様な形で 射撃中に袖では守れない胴を 母衣(赤色の部分)を前に出して防護していた例は 有るのかどうかだが 銃の登場後はこうした事は余り効果が無いとして 行われな… https://t.co/wbaLz6EnZb
07-21 14:07

https://t.co/7mpQ5nPle4 >捕火方(とりびほう) 筒の中に鉄砂と火薬を詰めて点火、発射する火炎放射器。  https://t.co/zp3cwhZ4sN 左に此れの現物らしき物も有るが 果たして江戸期の物なのかだが
07-21 15:08

https://t.co/HjHYbaCPcV >大国火矢 火薬を詰めた筒をを弓矢に括り付けて飛ばす所謂ロケット花火付弓矢で弓矢を長距離に飛ばす事ができます、  明軍が日本の銃の射程外から 此れを大量に使用した例等は有るのかだが
07-21 15:14

https://t.co/nZtlT2OuXO >飛苦無(とびくない) 「くない」を投擲用に薄く改良したもの。  此れは手裏剣と異なり 確実に忍者専用の飛び道具なのかだが 果たして何処迄使用されたのかだが
07-21 15:24

https://t.co/KEbsJUtwah >水を張ってレンズ代わりにするなどの使い方もあった。  此れは忍術書には 記述は有るのかだが
07-21 15:31

続きを読む