FC2ブログ

Category

2014.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2014年08月 

08/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

篠が 前腕上部に無い 篠籠手も稀に有るが 此れは上方からの腕への斬撃は篠で止まらぬ訳なら 合理的な構造なのかだが 実戦期の籠手では無い可能性も有るのかだが
08-21 08:22

現存する日本の騎馬武者用甲冑の籠手だと 瓢籠手が一番多く 次に篠籠手 其の次に鎖・小篠主体の籠手・筒籠手が多い様に見えるから 前腕の打撃への防護は 余り重視されて居なかったと言う事なのかだが
08-21 09:49

瓢籠手の瓢部分で 相手の刀を受け流して居た可能性は有るのかだが 小さくて 刀を受けるのは困難な可能性も有るのかだが
08-21 09:50

グレートヘルムと下のバシネットを合わせると 厚みはどの程度と成るのかだが 後世のサレット等と比べても厚いのかだが 日本も帽子兜の上に星兜を装備して居る例も有るが 此れの装甲厚は計3mm等は 有るのかどうかだが
08-21 13:19

柏書房 図説日本合戦武具事典 引用2 http://t.co/mQbt1VIwtp 左のモンゴルの親指だけを使う弓の引き方は パワー不足とは成らぬのかだが 日本の場合は2つ及び3本の指を使う引き方が有るが 指3本を使う地中海式の物と比べたら パワーはどうなのかだが
08-21 13:40

http://t.co/AldnvJrOid >モンゴル式はより強力な弓でも指を傷つけずに弦を扱えるように堅い素材のリングを使う、手の中で最も強い指を使いさらに人差し指も使い弦を引けるので強い弓を沢山引ける。  等と有るが 精度はつまみ式に比べ どうなのかだが
08-21 13:46

柏書房 図説日本合戦武具事典 引用3 http://t.co/ZOOwfQQ0Oz 日本の鏃では 西欧の南蛮鎖帷子を貫通出来ぬと言うが 左の釘形の鏃ではどうなのかだが 此れは何処迄 使われたのかだが
08-21 14:00

柏書房 図説日本合戦武具事典 引用5 http://t.co/ck8cIFWXAo 蜻蛉や蝶の紋の有る 箙と言うのも多い様だが 此れは飛ぶ矢を意識しての物なのかだが
08-21 14:02

柏書房 図説日本合戦武具事典 引用6 http://t.co/VYx2dyoZEl 左の荘内巻の柄巻は 今の所 他では見ない訳だが
08-21 14:08

柏書房 図説日本合戦武具事典 引用7 http://t.co/FqHkrgMw92 獅子の頭の付いた 太刀の柄等も有る様だが 打刀の時代に同様の物は有るのかだが
08-21 14:13

続きを読む