FC2ブログ

Category

2011.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

 2011年09月 

09/01のツイートまとめ 

boukenkyuu

ガストで14人赤痢、120店舗の営業自粛 http://t.co/YDFxTsM 親会社のすかいらーく創業者 横川四兄弟は 長野出身であるから プロテスタント長野に対する 攻撃では無いのかだが 食中毒が起きているのは東北だから 旧幕軍東北への攻撃でも有ると言う事かも知れぬが
09-01 08:07

http://t.co/py0f0Ui 左の続きだが 長野信濃国は官軍に 早期から恭順していたのでは無いのかだが 旧幕軍勢力に後で 取り込まれた可能性も有るのかだが
09-01 08:45

袖が無く鎖の部分が増え 皮札も消えた 当世具足は 弓には脆弱かも知れぬし 手盾を持っていた奉公人が書かれていたが 騎馬武者が弓に対抗する為に 手盾や母衣を装備していた例も 多かったのかも知れぬし 移動可能な垣盾は 移動困難な竹束に変わっていたから 別に手盾を 用意していたのかだが
09-01 09:08

移動可能な車竹束と言うのも 有った様だが 何処迄使われたのかだろうし 此れが絵に書かれている例は見ないから 火縄銃普及後は 竹束から出て 弓を防ぐ際には 手盾を使用していたと言う事は無いのかだが
09-01 09:11

手盾も騎馬武者が騎乗時に 手で持っていた例は有るのかだが 騎馬武者も下馬戦闘時には 武家奉公人に手盾を持たせて 此れの背後に騎馬武者や他の武家奉公人が隠れたと言う可能性も 有るのかどうかだが
09-01 09:12

http://t.co/9uJ9aRK >小田原城跡の堀から出土した弓胎弓(小田原市文化財課提供) 此れは全体の写真は見当たらないが リカーブしている弓の一部にも見えるし リカーブしている戦国時代の弓胎弓も 多かったと言う事かも知れぬが
09-01 09:58

http://t.co/fjAgMlP 左は小田原城から出た 戦国時代の弓胎弓の 全体図の様だが 一部しか残っていないが リカーブしている様に 見える訳だろうか
09-01 10:02

http://t.co/dvA19sn >特に動物の腱を糸状にほぐす作業は多くの手間と時間が必要で、膠で材料を貼り付ける際も完全に貼り付けるために場合によっては何ヶ月もの時間が必要となるため、長大で威力のある合成弓は大変高価だった。
09-01 10:12

http://t.co/MemkIZM 左の続きだが 複合弓はコストが高いと言う事は無いのかだろうし 騎兵以外は装備出来たのかだが ほぐすのに手間の掛かる 動物の腱の部分が 劣化し易いと言う意見も有る訳だろうか
09-01 10:18

プロテスタント旧新羅地域慶尚道も スファラディーに投降すれば スファラディー北朝鮮に粛清はされぬ可能性も有るだろうが スファラディー系の旧百済地域全羅道とは 分離する可能性も有る訳だろうか
09-01 11:33

続きを読む