FC2ブログ

Category

2011.03

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

キアヌ恋人役!柴咲コウ、ハリウッド進出 

http://www.sanspo.com/geino/news/110302/gnj1103020507017-n1.htm
>日本の忠臣蔵をもとにした総製作費2億ドルの超大作。

此れは米デフォルト後もハリウッドが長州閥・スファラディーの支援で残る
伏線では無いのかだろうし
米デフォルト後のハリウッド映画は
日本人原作の物が主流と成るかも知れぬが

ディオールがガリアーノ氏解任 差別言動で 

http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030201000062.html
矢張り仏はデフォルト後始末され
長友の居るミラノがファッション拠点として残る可能性も
有るのかどうかだが

スファラディーはプロテスタントの投降を真に何処迄受け入れるかだが 

投降を受け入れると称して
投降交渉で時間を稼いでいる間に
兵力を増強したり調略を進めて
更には交渉中に奇襲を用いて
敵を確実に殲滅すると言う様な戦術も
有り得るかも知れぬが
スファラディーがプロテスタントに対して同様の戦術を用いる可能性は無いのかだが
投降交渉に招かれた敵将を暗殺すると言う様な事も有っただろうし
加藤清正が明との交渉の際に暗殺を恐れて
影武者を送ったと言う例も有るだろうが
この様な戦術をスファラディーが使う可能性は有るのかだが
この様な事をすれば以後の敵は
投降しなく成る危険も有るだろうが
最後の敵に対しては有効な戦術である訳だろうし
他の敵が雑魚ばかりな場合でも
同様に使える訳だろうし
敵が実は投降する気が無く
投降交渉での時間稼ぎや
交渉中の奇襲を目論んでいたと言う様な
言い訳をすれば
次の敵も投降する可能性は有る訳だろうし
プロテスタント勢力が投降すると見せ掛けて
奇襲の準備をしたり
新技術が完成する時間を稼ぐと言う様な可能性も
否定は出来ぬ訳だろうか


http://www13.ocn.ne.jp/~dawn/choreki3.htm
>そうしたなか、今度は尼子氏の遺臣山中鹿之助(幸盛)らが尼子勝久(晴久に殺害された新宮党・尼子誠久の末子)を擁して出雲に乱入したことから、元就は大友勢との戦闘に向けていた軍を撤収せざるを得なくなりました。
>「御家再興」を旗印とした尼子氏残党の蜂起は、その後も久しく毛利氏を悩ませることになります。富田城陥落のおりに籠城者をすべて解放したことが、元就にとって裏目に出てしまったようです。山中鹿之助はその解放された籠城者のひとりでした。

毛利元就もこう言う事を招いたから
長州閥は投降を求める敵も
今後危険と成り得る者は始末する可能性は
無いのかどうかだが



http://www13.ocn.ne.jp/~dawn/choreki4.htm
>豊臣政権下では120万石を有した毛利家は、関が原の敗戦後に防長二国に減封されました。和議の密約も、幾重にもかわした領国安堵の起請文・誓紙もすべて反故にされてしまったのです。
>家康への怒りと恨みを呑んで毛利輝元は出家剃髪して宗瑞(そうずい)と称し、家督を長男秀就(ひでなり)に譲りました。

>上記のような会話が本当にあったのだとしたら、「いつの日か関が原の恨みを――」という毛利家主従の怨念がいかに強かったかという表れでしょう。
>また、「長州藩士は代々足を江戸に向けて寝る」という話も幕末期には流布されていました。

毛利側が家康の意図を見抜いていれば
恐らく西軍が勝利していただろうが
徳川家も長州閥が今後日本の支配者と成るなら
報復は受けぬのかだが
ベトナム人を徳川家当主と結婚させる事で
報復は終わった可能性も有るのかだが

家康も毛利を叩き過ぎたから
徳川家が長州にやられたと言う面は無いのかどうかだろうし
此れも誤算では無いのかだが


三成等東軍に勝っても力が無いから
毛利から領土を奪ったり
毛利征伐等有ったのかだろうし
毛利も仮に最初から完全に家康に従ったとしても
力が有るので
上杉景勝の様に謀反と言う名目等で
討伐されていた可能性も高い訳だろうし
家康に付いたのは吉川広家の完全な判断ミスと言う事かも知れぬが