FC2ブログ

Category

2010.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

ランディス、再び薬物疑惑も否定/自転車 

http://www.sanspo.com/sports/news/100703/spq1007032000002-n1.htm
>同レースで7度優勝しているランス・アームストロング(米国)が、2004年のレースで血液ドーピングをしていたと報じた。

テキサス出身のアームストロングも
ネオコンに政治的に利用されるかも知れぬし
薬物使用が発覚するか
或いは薬物疑惑を公表すると脅して
ネオコンに政治的に利用されるのを防ぐと言う事に
成るのかどうかだが

ネオコン系のWSJが
ネオコンの英雄であるアームストロングを叩く記事を書いていると言う事は
WSJもFRBを訴えたブルームバーグ等と同様に
ネオコンから離反したと言う可能性も有る訳だろうか


Blood Bros.
http://d.hatena.ne.jp/masayang/20100702/1278139343

>WSJの記事を、ドーピングに関わってツール・ド・フランス優勝を剥奪されたフロイドランディスという選手が「あいつもこいつもドーピングしていたじゃないか」と愚痴っているだけの話と読んではいけない。
>むしろこの記事はランス・アームストロングを中心とした元US Postalに対する包囲網が縮まってきていることを示唆した記事だと思ってよいだろう。

>Tour de France開催直前のこの時期に、よりによってWSJがLance Armstrongの写真たっぷりで長文記事を掲載してきたということは、なんらかの動きがある前触れかもね。

アームストロング以外のドーピングが
先に大量に発覚する可能性も有るかも知れぬし
アームストロングが此れで追い詰められる可能性も
有る訳だろうか

クリストファー・ストーリー氏の最新アップ。メキシコのドラッグマネーに米大手銀行が関わっているというブルームバーグの記事を掲載。 

>youarescrewed:クリストファー・ストーリー氏の最新アップ。http://bit.ly/dfA0U9 メキシコのドラッグマネーに米大手銀行が関わっているというブルームバーグの記事を掲載。
> [http://twitter.com/youarescrewed/status/17529384581]

デリバティブ巨額損失発覚だけでは無く
麻薬組織との連携が発覚して
ネオコン系の米銀が粛清される事に
成るかも知れぬし
此れは大相撲の暴力団癒着共対比されて
日本で報道される可能性も有るのかだが

外務省顧問辞任。 

>bilderberg54:外務省顧問辞任。谷内正太郎、林貞行、柳井俊二、野上義二の各氏と、加藤良三・前駐米大使。いずれも自民党政権で顧問に任命された。
>退任は1日付。(日経) どれもろくでもない人ばかりですね岡田克也の人事らしいが。 [http://twitter.com/bilderberg54/status/17549301148]

カーチス等と連携していた勢力の
粛清では無いのかだろうし
現政権はネオコン寄りに成ったと言う意見も有るが
此れは正しいのかどうかだが

「元親米」グルジアがイランに急接近 

http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/07/post-1410.php?page=1
>サーカシビリ大統領は5月、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン首相を首都トビリシを招待。両国の間では、トビリシからトルコ北東部の都市カルスまで鉄道を敷設してグルジアとヨーロッパを結ぶ計画が進んでいるが、
>そうした経済協力以外にもさまざまな課題が議論された。
>トルコはすでにグルジア最大の貿易相手国で、両国は年内にもビザなしの渡航を認め合う予定だ。

>それ以上に驚きなのは、グルジアがイランに接近していることだろう。このところ両国の外交関係者が頻繁に行き来しており、今月にはイランのマヌーチェフル・モッタキ外相がトビリシを訪問。さらに、グルジアのニカ・ギラウリ首相もイランを公式訪問する予定だ。

カラー革命勢力の生き残りである
サーカシビリが粛清されないのは
グルジアをイラン攻撃拠点として利用する為の
イスラエル・ネオコンの支援が有るからでは無く
ネオコンから離反したからでは無いのかどうかだが
サーカシビリもカラー革命前から
反ネオコン勢力のスパイだった可能性も
否定は出来ぬ訳だろうか

米共和党全国委員長マイケル・スティールが献金パーティ演説でアフガン戦争について「アメリカが積極的に関わるべきものではない」「アフガンに戦争を仕掛ければ歴史上敗北の公算が高い」 などと反戦とも受け取れる大失言。 

>gloomynews:米共和党全国委員長マイケル・スティールが献金パーティ演説でアフガン戦争について「アメリカが積極的に関わるべきものではない」「アフガンに戦争を仕掛ければ歴史上敗北の公算が高い」
>などと反戦とも受け取れる大失言。共和党有力者らは辞任を要求。http://ow.ly/26qsv [http://twitter.com/gloomynews/status/17592090449]

共和党内部の可也大物から
この様な意見が出て来ると言う事は
ネオコン勢力が弱体化している証明と言う事は無いのかだろうし
カンダハル攻略は成功するかも知れぬが
テト攻勢の様に米軍の虐殺が発覚し
此れが撤退に繋がる可能性は無いのかだが


>gloomynews:イラクのバスラに駐留していた英陸軍兵士らが、イラク人市民をテロ容疑で拘束、無実にも関わらず少なくとも8人を殺害していたと英ガーディアン紙の調査報道。
>同様の被害者は100人以上とも。英国防省による隠蔽工作も批判。遺族は再調査を求め法廷闘争へ。http://ow.ly/25ZWN [http://twitter.com/gloomynews/status/17521770277]

英から米の残虐行為も
発覚して来る可能性も有る訳だろうか

日米株も妙に軟調だが 

選挙中は9000は割るのかだが
選挙後-9月ウォール街2公開前には
2番底・欧米デフォルトに繋がる様な
暴落が有り得る訳だろうか