FC2ブログ

Category

2010.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

米国はなぜ?「リトアニアからのユダヤ人救出作戦」を杉原千畝総領事の個人的業績とみなしたいのか?手嶋龍一は「スギハラ・ダラー」で何を語りたいのか?  

http://blog.livedoor.jp/gold_7777/archives/51381887.html
>特に東條英機参謀長や樋口季一郎中将を初めとする関東軍は「親ユダヤ」の傾向が強く「ヒットラーに迫害されたユダヤ人を救済する」行動に踏み出している。

>イスラエル政府は極東軍事裁判でA級戦犯と認定された東條英機を除外したものの、樋口季一郎大将については「イスラエル建国の功労者」と認定し顕彰している。
>イスラエル政府は事実を正しく把握している訳だ。政治的判断ではなく、客観的事実を重視したが、反面「米国を初めとする連合国からA級戦犯として認定され処刑された東條英機や松岡洋介をイスラエル建国の功労者として顕彰してもらっては困る」
>と談判され自粛したのであろう。

東條は日米開戦を目論むロックフェラーのスパイでは
無かったと言う事かも知れぬし
米がデフォルトした後ロックフェラーがWW2を仕組んだ事が割れれば
名誉回復が有る可能性も有る訳だろうか

日ユは実際何処で分岐したか 

アトランティス=ペルシャ湾の水没地と言う意見も有るが
この場所にD系統遺伝子・E系統遺伝子を持つ者は居なかったのかだが
D系統はムー=スンダランドに移動したと言う事なのかどうかだが
スンダランドにはD系統遺伝子を持つ者は
居なかったと言う意見も有るだろうし
アトランティスからシャンバラ=チベットに移動したと言う
可能性も有る訳だろうか

ムー=スンダランドのO系統遺伝子と
シャンバラ=チベットのD系統遺伝子が融合したのが
日本人と言う事かも知れぬし
D系統はユダヤのE系統と共にアトランティスにも
居なかったのかだろうし
アトランティスとムーの人間が融合したのが
日本人であると言う事かも知れぬが

SECが米金融機関の不正を発見した後欧州の金融機関も疑われる可能性は 

SECが米の金融機関の不正を発見したら
欧州の金融機関も疑われて
不正が発覚するかも知れぬし
英でドイツ銀等のインサイダーが摘発されていたのは
此れの伏線では無いのかだが

防犯カメラ34台を中央通り沿いなどに設置 区長「(歩行者天国を)6月8日までに再開できれば」 

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1270117159/
6.8には米もデフォルトしているかも知れぬし
式典はテロを起こしたネオコンへの勝利宣言だけでは無く
世界の映像文化の中心が
ハリウッドから秋葉原に移行したと言う宣言にも
成る可能性は有る訳だろうし
白人等の従来の非ネオテニー文化から
日本の漫画を中心とするネオテニー文化中心の世界に
移行すると言う宣言でも有る訳だろうか

今年のエイプリル・フールは禁止です 

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2010/04/post_093a.html
>で、実は、普天間なんかたいした問題じゃない、もっと大きな問題を、鳩山首相は片付けようとしている、という話も出ている。それは、
>嘉手納基地の移転ですね。ホワイトビーチを埋め立てるという事になると、普天間移転にはふさわしくないほど巨大な滑走路が出来るので、
>そこに嘉手納基地を移転させ、嫌われ者の海兵隊そのものは、なんと
>ハウステンボス移住だそうです。

此れは有り得るのかだが
米がデフォルトした場合は
在日米軍は維持出来るのかだろうし
第七艦隊以外の撤退或いは
戦略原潜のみ共同運用と言う方が
可能性は高いと言う事は無いのかだが

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大 

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1270054700/
>柴崎講師らは、神経細胞にあって熱を感じるセンサーの役割を
>果たすタンパク質「TRPV2」に注目。
>マウスなどの細胞を使った実験でTRPV2があると、TRP
>V2をなくした細胞に比べ、
>刺激を伝える神経の「突起」という部分が長く伸びた。

熱を与えると
神経細胞回復が早まるのかだが
神経細胞以外はどうなのかだが

ベルギー、ブルカ禁止へ 欧州初、4月にも法案成立 

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010033101001257.html
欧州デフォルト後
経済混乱に加えこうした事が移民の暴動を拡大させ
此れに反発してネオナチスが台頭すると言う可能性も
有る訳だろうか