FC2ブログ

Category

2009.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

防衛省で事務官飛び降りか 血を流し死亡 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090406-00000510-san-soci
今回の事態で判明した
スパイが粛清されたのか
或いは逆にスパイにやられたと言う可能性も
有る訳だろうか

潜在的脅威度はテポドン以上、中国が開発中の対艦中距離弾道ミサイル 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200904061517
此れを迎撃する為にも
SM-3を開発しているのかも知れぬが
此れでも攻撃不能な
潜水艦+巡航ミサイル或いは短距離弾道ミサリイルの価値は
今後向上するのかどうかだが

うーやーたー! 

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/04/post_124e.html
>つまり、「軍事用にも使えるが、宇宙条約で禁止されてい
>る」というのが正解なわけで、さて、大陸間弾道弾をコレ
>で打ち落とすのはどうなのか?

ミサイル発射と同じタイミングで
発電衛星の研究等が出て来るのは確かに
何か有るのかも知れぬが
電磁波対策の無い途上国のミサイルなら
此れで容易に落とせると言う事に成るのか
どうかだが
先進国のミサイルに対しても
強力な電磁波を集中させて装甲を破壊と言う様な方向も
有るのかどうかだが
そう数は配備出来るのかだろうし
此れのみでミサイルを完全に無力化は可能なのかだが


http://www.asahi.com/science/update/0403/TKY200904030062.html
>3~5年後を目標に小型の人工衛星を打ち上げ、発電
>や送電の技術を確かめる実証試験に入る。

と有るし
案外速く実用化されるかも知れぬが
此れは誤作動すると厄介かも知れぬし
信頼性向上及び
ハッキング等を防ぐ必要は有る訳だろうか