FC2ブログ

Category

2008.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

野村HD:リーマンから決済部門を追加買収へ 2000人受け入れ…数十億円で 

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1222988750/
まあ野村もリーマンの社員が優秀だから
受け入れたと言うより
ユダヤ人の日本移動の為の準備と言う事は無いのかだが
(ユダヤの金融部門は兎も角
 科学者や技術者・IT部門と言うのは依然
 利用価値は有る訳だろうか)
ユダヤも米でネオナチのミリシャが蜂起したら
襲撃される可能性も有る訳だろうから
米にも居場所は有るのかだろうし
欧州でもユダヤのギャンブルの失敗の補填に
40兆等の税金を払うのは
反対と言う向きも多いかも知れぬし
ネオナチにユダヤが襲撃される可能性も
有る訳だろうから
欧州からユダヤが逃げる可能性も
有る訳だろうか

金融危機情報(救われない保険会社?)  

http://blog.livedoor.jp/nevada_report/archives/478338.html
>NY株式市場で今回の救済プランで救済されないのは<
>保険会社>との噂が駆け巡り、以下の保険会社(持ち>株会社)株が急落しています。

>生保業界では【AIG】がすでに市場の攻撃にあっており、
>株価が暴落して政府の救済策が発動されていますが、
>いまだに破綻の噂がくすぶっており、株価の反発は限定
>的となっています。

>今後上記3社の株価が【AIG】株のように一ドル台に暴
>落した際に、果たして【AIG】のように政府により資金の
>面倒を見てもらえ、救済して貰えるのかどうか。

AIGは流石に破綻させないだろうが
他は破綻させる可能性は有る訳だろうか

ハートフォード・アクサ等は日本にも有るだろうが
日本の会社は破綻させれば米の信認にも関わるから
売却と言う事に
恐らく成る訳だろうか


http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34073520081002
>保険株が急落した。民主党のリード上院院内総務が、ある有名な保険会社が財務上の問題を抱えている可能性があることを示唆する発言をしたことが背景にある。
>ハートフォード・フィナンシャル(HIG.N: 株価, 企業情報, レポート)が32%下落したほか、

問題が有ると言うのは
下落率から見て恐らくハートフォードなのか
どうかだが

歴史認識、日本の植民地支配と侵略を謝罪した1995年の"村山談話"を踏襲 代表質問で表明 

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1222985657/
まあ此れは国交正常化後の北朝鮮に大金を出す事を
正当化する為の
談話踏襲と言う事は無いのかどうかだが

MMAの打撃技 

MMAで
不用意にパンチやキックを入れれば
手や足を取られてやられるかも知れぬし
打撃技は取られる危険の無い足払いを主に使うと言う
方向しか無いかも知れぬが

足払いで敵にダメージを与え続けたり
相手の体制を崩した後で有利に組む或いは
パンチやキックを取られない状況で放つと言う様な
方向も有る訳だろうか

相手の腕を拘束した状況なら
ローキックや膝等も取られる事は無いなら
有効である訳だろうし
無論足払いも可能な訳だろうか

金融危機情報(大荒れになってきた為替・商品市況)  

http://blog. livedoor.jp/nevada_report/archives/477970.html
>10月4日に、サルコジフランス大統領の呼びかけで欧州首脳会議が開催されることになったようですが、
>【ユーロ】は今や崩壊の危機に瀕していることが話されることになるはずで、【米国】の一人勝ち政策が発動された場合の【ユーロ】解体の話も行われるかも知れません。

仏は独経済圏から分離して
ラテンや地中海で主導権を発揮と言う事に成るのかだが
スペインやイタリアは仏に取って重荷には成らぬのかだが
リビア等の資源を利用するのか
どうかだが
リビアは地中海連合に乗り気ではないと言う
事だっただろうし
モロッコとスペインや
仏とリビアと言うのは仲が悪いし
地中海連合等が上手く機能するのか
どうかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%AD%E6%B5%B7%E9%80%A3%E5%90%88
>ヨーロッパ諸国の批判を受けて、サルコジは自らの地中海連合構想の縮小を余儀なくされた。
>ドイツの反感で仏独両国の首脳会談が2008年の6月まで、3か月間先延ばしになったが、
>サルコジはなおも同年7月13日に関連EU加盟国と地中海南岸諸国との首脳会談を開くことにこだわった。

此処迄独仏が対立していたとは驚いたし
独も自分の金で
仏が地中海に単独で覇権を拡大するのを
嫌った訳だろうが
サルコジもリビアの資源が有れば独の金等無く共
地中海の覇権は握れると考えているかも知れぬし
ユーロを離脱してでも地中海の覇権を狙う可能性も
有る訳だろうか


http://archive.mag2.com/0000228369/20081002200000000.html
>1)ついにフランスが乗り出す“ユーロ大暴落”の仕掛け
> ―これまでのIISIAの分析を振り返る
> ―何が争点なのか?
>  サルコジが狙うのはやはり《伏》によるユーロ覇権の追い落とし

>米国同様、危機に瀕した金融業界を救済するため、
>欧州連合(EU)全体で44兆円にあたる資金を投じようという
>案がフランスから持ち上がったというのです。

40兆供給が実現後にユーロは暴落して
仏はユーロをラテン諸国と共に
インフレ対策等を口実に離脱
地中海連合を独を排除して仏主導で
進めると言う事なのかどうかだが


中国の最大の輸出国である
ユーロの暴落と混乱が
中国にも打撃を与え
此れを切っ掛けに
株式市場や不動産等がクラッシュと言う可能性も
有る訳だろうか

~ユーロ相場に激震の予兆!? そのときドルは?~ 

http://archive.mag2.com/0000228369/20081002200000000.html
北朝鮮の再核実験後に
北朝鮮の核がイランにも有ると言う疑惑が出て
イラン攻撃と言う可能性も有るだろうが
果たして選挙前に間に合うのかどうかだが
米もミリシャと戦いつつイランと戦う事等
出来るのかだが