FC2ブログ

Category

2008.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

ドル円専用Part1923 

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1217243831/
>松藤が恐慌宣言だ。大暴落くるぞ

>恐慌記念日
>7月26日、米国政府は米住宅公社支援法を成立。公的資金注入が決まる、
>総額32兆円、40万人の人々を救済。その昔、日本で公的資金注入が決まった
>1週間後、長銀は破綻する。ならば26日は米国金融恐慌記念日と呼べる。

米では例のワシントンミューチャルの破綻が起きると言う可能性も
有る訳だろうか

トルコ:与党AKPの解党審理始まる 政教分離侵犯容疑で 

http://mainichi.jp/select/world/news/20080729k0000m030043000c.html
>トルコの憲法裁判所は28日、国是の政教分離を侵して
>いるとして検察当局がイスラム系の与党・公正発展党(A
>KP)の解党などを求めた裁判で、最終の審理を始め
>た。早ければ8月上旬にも判断が示される見通し。
>与党解党の事態になれば、国会の解散・総選挙に突入
>する可能性が高く、政局の混乱は避けられない情勢
>だ。

>政党の解党判断には憲法裁の判事11人のうち、7人以
>上の支持が必要だ。過去にはイスラム系やトルコからの
>分離独立を掲げるクルド系の20以上の政党が、
>憲法裁に解党や活動禁止を命じられている。
>憲法裁の諮問役である専門家は今月16日、「AKPの解
>党はすべきでない」と提言した。しかし、この提言に拘束
>力はない。
>判事のうち8人がAKPを批判する世俗派のセゼル前大
>統領の任命であることから、厳しい判断が示されるとの
>見方も広がっている。

>AKPの前身のイスラム主義政党・美徳党は01年6月、
>政教分離に違反したとして憲法裁から解党命令を受け
>た。

前に解党された時は特に混乱は起きたのかだが
米が背後に居ればどうなのかだが

連続爆弾テロか13人死亡 与党めぐり緊張のトルコ 

http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008072801000007.html
>爆発の背景は不明だが、トルコでは与党・公正発展党(AKP)が国是の世俗主義を侵しイスラム化を進めているとの訴えを受け、憲法裁判所が28日に最終審理を開始、近くAKP解党命令が出るとの観測が強まり緊張が高まっていた。

トルコが世俗主義者とAKP支持者との内戦に突入し
ユーロ暴落等と言う危険は無いのかだが
クルド人が独立しイラク北部のクルド勢力が強大化して
イラクから離反と言う様な可能性は無いのか
どうかだが
此れでは原油価格が可也圧力を受けると言う事は無いのかだが


欧州はトルコからの難民で打撃を受け
スペインや南イタリア・或いは英国・北欧経済も
バブル崩壊で大打撃を受ける可能性は有る訳だろうか

ボスポラス海峡が封鎖と言う様な事態に成ると
ロシアや欧州軍等の直接介入は有るのかどうかだが
泥沼化すればロシアや欧州の経済が打撃を受ける訳だろうが
トルコ全土の制圧は兎も角
海峡の確保は早期に
出来る可能性は有る訳だろうが
イラクの様に駐留軍がテロを受け続ける可能性は
有る訳だろうか


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%B5%B7%E5%B3%A1
>長さは南北約30km、幅は最も狭い地点でわずか800m程。

ボスポラス海峡もペルシャ湾出口より狭い場所が有るし
狭い所で何か障害物を沈められれば
通行可能とするのは時間が掛かると言う事は無いのかだが


AKP支持者が多ければイスタンブールでさえ
中々制圧は難しいかも知れぬし
バクダッド化した場合は
欧州・ロシア経済は此れで終わると言う可能性も
高いかも知れぬが
米の工作でAKPと世俗主義者の対立は
拡大したのだろうか

トルコ軍部は基本的に世俗主義側だろうが
AKPに大規模テロを起こされた場合対処出来るのかだろうし
クルドが独立したらこちらにも兵力を回さねば
成らぬ訳だろうか


http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/07/post_98e4.html
ボスポラス海峡を脅かされ続けた場合
ロシアの経済は壊滅し
北方4島を返還し日本の協力で
シベリアを主に開発せざる負えなく成ると言う
事かも知れぬが


http://www.toonippo.co.jp/news_hyakka/hyakka2006/0713_9.html
ボスポラス海峡の原油だけでは無く
トルコ経由のBTCラインも使用不能と成るなら
欧州経済は可也打撃を受ける訳だろうか

世界の投機資金が日本に来るぞ 

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/07/post_4b6f.html
>で、投機資金が原油をはじめとして現物市場から一気に
>流出しているんだが、コレの行く先がない、というのが大
>問題。で、
>10年前には10兆円強に過ぎなかった 海外投資家の日
>本国債への投資額が、ここにきて30兆円、40兆円と拡大し、
>遂には50兆円を突破
>いつの間にやら、日本の国債が人気商品になっている
>らしいです。まぁ、フレディッマックやファニーメイが味噌
>つけた件で、ついでに米国債も警戒されはじめているか
>らね。

まあ日本国債バブル等が現時点で何処迄起きるのかだろうが
米覇権崩壊後なら米国債は暴落して
日本国債が急騰と言う可能性は
有る訳だろうか

GSE救済法案、急遽成立の背景 

http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/200807270000/
>やはり、WMの破綻が迫ってきていることから、GSEの保証余力に手を打たんと連鎖を引き起こしてしまう危惧があったのだろう、

>で、これでOKかといえば??、
>効果は一時的に出るかもしれないが、次々に破綻が出てきたら持つかな、 何より、公的資金導入で財政赤字増大、$安、US国債格付け大丈夫??
>アト、masayangからの情報で、この法案の有効期日が10/1かららしいんだが(現在確認中)、大丈夫かな、
>暑い夏になりそう、

>米住宅公社支援法案が成立へ...
>成立するのはいいが、7840億ドルの国債を追加発行とある、一体、誰が買うんだ、まさかーー、

まあしかしワシントンミューチャル
(WM)が破綻したら
対策が有っても可也影響が大きく成る可能性も有るだろうし
最終的には日本が買うと言う事なのかどうかだが
WMは10月迄は保たせるのかどうかだが