FC2ブログ

Category

2008.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

ロンドン外為:ドルがユーロと円に対し下落-米銀損失拡大への懸念 

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=andTp2EYY39s&refer=jp_home
>米大手銀行が今週発表する決算で、損失と評価損が拡
>大するとの見通しから、金融システムへの信頼が一段と
>悪化するとの懸念が広がった。

此れから出るメリル・シティ・アムバック・MBIAの決算が
全部悪かった場合は
90円も有り得るかも知れぬが
どの時点で日本は救済するのかだが
悪い決算が出た後ではイラン戦は事実上不可能かも知れぬが
日本が支援した場合はどうなのかだが
日本の合意無く出来るのだろうか

日本の支援後突如米軍を中東-日本間のシーレーン及び
日英以外から
撤退させると言う可能性も或いは有るのかどうかだが
この後良く言われる様に
政権が弱体化した韓国が北朝鮮の侵攻を受けると言う事に
成るのだろうか

スペインサッカー協会 新監督にデル・ボスケ氏を任命 

http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2418384/3133842
アラゴネスと似た様な
レアルマドリードの様な個性派集団を纏められる監督を
選んだと言う事だろうが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%82%B1
>しかしリーガ優勝を達成した翌日、クラブ首脳部は突如
>デル・ボスケとの契約を更新しないことを発表した。これ
>はデル・ボスケがフェルナンド・イエロを始めとする選手
>たちと共にクロード・マケレレの年俸アップを要求してい
>たこと、新しい「銀河系」デビッド・ベッカムについて不要>だと意見したことが原因と見られている。ちなみに当事ス
>ポーツディレクターを務めていたホルヘ・バルダーノは
>「成功を収めている時でも時に変化することは必要であ
>る」と発言し、当事の会長ペレスは「デル・ボスケは疲労
>を見せていた。正直に述べるが、我々は、彼は将来的に
>適切な監督ではないと考えている」「デル・ボスケの経歴>は伝統的なもの。我々はより戦術を重要視した人物を探
>している。我々が築いているチームは違うキャラクターを
>持った監督によって、より強力になるだろう」と述べてい
>る[1]。

>デル・ボスケが監督を務めていた4シーズンの間、レア
>ル・マドリードは毎シーズンビッグタイトルを獲得し、リー
>ガ優勝2回、チャンピオンズリーグ優勝2回(4シーズン連
>続ベスト4以上)、インターコンチネンタルカップ優勝1回
>など、クラブ史に残る黄金時代を謳歌した。ペレスが提
>唱した「ジダネス、パボネス政策(スター選手とカンテラ
>出身の選手の融合)」の成功はデル・ボスケの手腕によ
>るところが大きく、国内外のスター選手とカンテラ出身の
>若手選手が混在したロッカールームを巧みにまとめ上
>げ、一つのチームとして機能させていた。また何があっ
>ても動じず冷静沈着であり、選手たちの人望も厚かっ
>た。デル・ボスケ以後のレアル・マドリードは3年間で7人
>の監督が指揮を執ることとなり、次のタイトルは2007年
>にファビオ・カペッロによってもたらされたリーガ・エスパ
>ニョーラ優勝まで待たねばならなかった。そして皮肉にも
>ペレスは辞任。

デルボスケがレアルマドリードを辞めた理由は
当時は良く分からなかったが
守備的ボランチのマケレレを軽視していたクラブへの
反発も大きかった訳だろうし
クラブの収入源であるベッカムを無用と見たのが
決定的だったと言う事かも知れぬが
デルボスケも選手を纏める能力は兎も角
アラゴネス程の采配能力は果たして
有るのかどうかだが

日本の人口では世界帝国を支配するのは無理と言う意見も有るが 

日本の人口では世界帝国を支配するのは無理と言う意見も有るが
大英帝国の英の人口は多かったのかだろうし
英の様に米を植民地とすれば
世界支配は十分可能と言う事は無いのかだが
インドや中国も英の様に支配するのだろうか
(英も陸軍力は兎も角
 海軍力は世界を支配するに足る物は
 十分有ったと言う事だろうし 
 陸軍力は仏独露等の列強中では最弱だったと言う
 事だろうか)


大英帝国の様に米を独立させたり
ボーア戦争の様なランドパワー的な戦争をしなければ
日本主導のシーパワー世界帝国は
世界政府実現・宇宙人とのコンタクト迄は維持可能と言う可能性も
有る訳だろうか


シーパワー世界帝国のシーレーン防衛には
開発が中止されたX-45の様な
無人陸上機が主体と成り
空母は嘗ての戦艦の様に威嚇用と言う事に
成るかも知れぬが
それでも日米英で合わせて6隻程度は必要と言う事は
無いのかだが
(日本2・米3・英1と言った
 所だろうか)


英の一隻は計画中のクイーンエリザベス
日本の2隻は翔鶴・瑞鶴等に成る可能性も有るだろうが
此れは米軍の物を接収するか
自前で開発する可能性も有る訳だろうか
(日本の物は通常動力タイプに成る可能性も有るだろうし
 米の物も日本への派遣等を考えれば
 通常動力に改造される可能性も有る訳だろうし
 威嚇用であれば通常動力でも十分かも知れぬが
 潜水艦は原子力が必要かも知れぬが)

米の空母も
ワシントン・リンカーン・レーガン・ケネディ等と成り
WW2の将軍や大統領の名前は無くなり
ブッシュも弾劾されれば
無くなる訳だろうか


本土防衛は有人兵器が主体と成るかも知れぬが
シーレーン防衛は無人兵器が大半と言う事に
成るかも知れぬが

本土では無くシーレーンの基地でも
ディエゴ・ガルシアの様な基地防空用の戦闘機は
有人機が必要かも知れぬが
無人攻撃機の護衛機は無人に成る可能性も
或いは有るのかどうかだが
(巡航ミサイルの先制攻撃で敵空港を壊滅後
 無人攻撃機のみ投入と言う可能性も
 或いは有る訳だろうか)


海軍は護衛艦・護衛潜水艦やアーセナルシップ等からの巡航ミサイル発射が
メインと成るかも知れぬが
空母から無人攻撃機が少数投入される可能性も
有る訳だろうか

9.11は日本の「金」に繋がる 

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/07/28_043e.html
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/07/911%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%87%91%E3%81%AB%E7%B9%8B%E3%81%8C%E3%82%8B.html#comments
>この文章によると、9.11事件は日本の「金」に繋がる。
>日本は戦時中にアジア各地から沢山の金や財宝などを
>集め、西の日本にしようとしていたフィリピンに保管をし
>ていた。中国が7000年程前から集めてきた金なども含
>みその量はおよそ28万トン、現在の1年間の金の生産
>量1200トンに比べても莫大な量であった。
>しかし戦後マッカーサー将軍のスパイ達に、山下将軍の
>運転手であった小島カシイ少佐が拷問をかけられ、金の
>在り処を白状し奪われてしまった。「山下財宝」としてもこ
>れは有名な話である。

>本来ならば、戦後アメリカはそのお金を日本に戻す義務
>があった。ナチスが奪ったお金も返還されている。
>ところがアメリカ当局はこの違法に奪ったお金で幾つか
>の銀行を設立した。City Bank、チェースマンハッタン、
>ニューヨーク銀行、EXIM Bank 、BCCIなどがある。また
>二つの基金にも分配された。

>それから1991年に2400億ドルの闇債権を作り、満期は2
>001年9月12日であった。アメリカ当局は外部からこれに
>ついて調べるように圧力がかかっており、10年経過する
>満期に調査をしなくてはならなかった。

>ちょうど闇債権の満期であった年、2001年9月11日飛行
>機が突っ込んだ第7ビルやペンタゴンにはそれを調査す
>る機関があった。EXIM Bankやシークレットサービスもあ
>った。これらの証拠を隠滅するために破壊されたビルで
>あったという可能性は益々高まる。

>アメリカの世界支配の道具として使われたというんだが、
>そ
>の一部が巡り巡って911テロの原因にもなったという壮
>大なストーリーなんだが、まぁ、アレです。どこから突っ込
>んだらいいものやら。

シティ等も日本から奪った山下財宝で作った銀行であり
山下財宝を隠蔽する為に911が起きたと言う
事なのだろうか
(此れも米覇権崩壊後には
 明らかに成るのかどうかだが
 事実であれば山下財宝分は
 日本に返還される可能性も高い訳なら
 此れを利用していたシティ等も
 手に入る可能性は有る訳だろうか)

松藤民輔「アメリカ・中国がジャパンマネーにひざまずく日」 

http://www.bitway.ne.jp/kodansha/wgendai/scoopengine/article/080714/top_05_01.html
>“サブプライム”後の世界はこうなる! 英『エコノミスト』
>誌が選んだ“この10年でもっとも注目される日本人”によ
>る衝撃の近未来シナリオ 迫り来る「世界恐慌」、そして
>「日本の時代」へ――
>松藤民輔「アメリカ・中国がジャパンマネーにひざまずく日」

等と有るが
英エコノミスト=ロスチャイルドなら
此れがロスチャイルのシナリオなのかも知れぬが
英も日本主導のシーパワー世界帝国の一部として
日本に買われるのだろうか