FC2ブログ

Category

2008.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

第一三共、インド製薬最大手を買収 後発薬に本格参入 

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080611AT1D1101E11062008.html
此れは基本的に品質に敏感な日本人に
後発薬を大量に使わせる為の物なのかだが
彼等の薬は欧米も可也買っている訳だろうし
欧米が手に入れようと目論む可能性も有る訳だろうか

まあ或いはサミットでの日本主導の世界政府実現・
宇宙人とのコンタクト前に
インドを精神的傘下に置く事で
日本が主導権を握ると言う事が
目的と言う可能性も有るだろうし
宇宙人とのコンタクト後に後発薬等
無意味な訳だろうか

米空軍のトップ2人が更迭されました 

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/06/%E7%B1%B3%E7%A9%BA%E8%BB%8D%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%92%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%9B%B4%E8%BF%AD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F.html
>つまりこの空軍トップ2人の更迭は後にチェイニー、ブッ
>シュの失脚に繋がるであろう。この流れで9.11に関連し
>た人物を全員調べて失脚させるべきだ。

表向きには無人機の使用拡大に反対したから
更迭されたと有るが
現実にはライス・ゲーツ等の反戦派に拠る
チェイニー派の粛清が起きたと言う事かも知れぬなら
イラン戦はほぼ困難に成り
チェイニー逮捕も秒読みと言う事は無いのかだが

仮面の資本主義(@w荒  

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/51438912.html
>なぜ米国の投資銀行が原油を買い上げているかといえ
>ばサブプライムローン問題に端を発した信用不安などで
>株がボロボロになり自分たちのバランスシートが腐りまく
>っているからだ。何とか収益を上げるために原油先物相
>場でバチ当たりな投機をしているというわけだ。彼らが崩
>壊すればアメリカはをしまいである。

>また、アメリカにとって原油価格騰貴には中国を締め上
>げ、金融を自由化させて中国の資金をアメリカに還流さ
>せるという目的も存在する。

まあ原油高も批判が多く成ったから此れ以上は困難かも知れぬし
ヘッジファンドも今度は他国の資産を売却して
イラン戦の準備が完了する迄
延命しようとして居ると言う事かも知れぬし
此れを悟られぬ様に
利上げを装ってドル高に成っていると言う事かも知れぬし
イラン戦もライス・ゲーツ等が阻止するなら
ヘッジファンド及び米の覇権の崩壊は近いと言う事かも知れぬが


>つまり原油高騰はアメリカ支配層というかエスタブリッシ
>ュメントの共通合意によるものであり、北畑事務次官は
>それに真正面から異を唱えているということになる。

此れに異を唱えたと言う事は
米の覇権崩壊後に米の仕業で原油高が演出されたと言う事に
すると言う事かも知れぬし
米の覇権が崩壊すれば事実はどうあれ
米が皆悪かった事にされると言う事かも知れぬが


米欧利上げでドル下落一服でも
インフレは新興国との成長格差で止まらず
住宅価格を下げて墓穴を掘るだけと言う事には
成らぬのかだが


ヘッジファンドの最後の延命の為の
資金回収だけでは無く
イラン戦争の軍資金を集める為の
ドル高では無いのかだが
此れは持続困難とすると
矢張りイラン戦が近いと言う事かも知れぬが
ライスやゲーツは此れを阻止出来るのかどうかだが
CIAや軍部はイラン戦反対で基本的に
固まっている訳だろうか