FC2ブログ

Category

2007.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通巻 第1990号 

http://plaza.rakuten.co.jp/yamanoha/diary/200711050006
>本日、11月5日は世界経済史において特
>筆すべき『大事件』が起きる。
> ペトロチャイナがNY、香港についで、
>上海株式市場に上場するのだ。
>そして、何がどうなるかと言えば「時価発
>行総額」で、世界一企業の「エクソン・モ
>ービル」を、ペトロチャイナが抜き去るこ
>とになるからである。

米が此れを座視するとは思えないが
バフェットは既に
ペトロチャイナの株は
売って居る訳だろうか

Google「Open Social」公開、SNSに何が起きる? 

http://japan.cnet.com/panel/story/0,3800077799,20360277,00.htm
OPEN SOCIALの
SNSのトピックのシステムを使って
掲示板を作製したり
ブログも恐らくSNS用の日記システムが
流用出来る訳だろうし
ブログ・掲示板の検索やランキング・
プロフィールのシステムも
作る事は可能と言う事かも知れぬし
SNSのシステム作製以外にも
此れは流用可能な訳だろうか

「10月のNFPの数字を信じる人なんていないよ」 by ジム・ロジャース  

http://blog.livedoor.jp/moulan/archives/51012652.html
悪い数字が12月に出て来ると言う可能性も有るだろうが
イラン戦開戦後と言う事かも知れぬから
イラン戦進行に余り影響は無いかも知れぬが
後々悪い情報が出て米は敗北する訳だろうか


>ロジャース氏は、これからは、アジアの時
>代と確信していることから、ご家族でシン
>ガポールに引っ越したということです。娘
>さんも、シンガポールの学校に通わせてい
>るということです。

中国のバブル崩壊後は
ロスチャイルドと同様に彼も
日本に来るのだろうか

米シティ:プリンスCEOが辞任、ルービン氏を会長に指名 

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=aWvhjqWHTox8&refer=jp_top_world_news
ルービンはロスチャイルドと言う事かも知れぬし
ロスチャイルドが又勢力を伸ばしたと言う事かも知れぬが
ロスチャイルド系のゴールドマンも損失の噂が有るが
余り多くは成らぬと言う事かも知れぬが

シティが買った日興と言うのは
今後はロスチャイルドが仕切ると言う事なのかだが
ロスチャイルドの日本金融への参入は
日本も何処迄認めるのかだが

どんなツールを使っている?でつながっていける『Wakoopa』 

http://www.100shiki.com/archives/2007/11/wakoopa.html#comments
WEBOS化でツール等は廃れ
WEBアプリケーションや
ウィジェット利用者で
トピックを作ると言う方向に
成るかも知れぬし
特定人物のブログ等のウェブページ利用者が
トピックを立てると言う事も
有る訳だろうか

既存のSNSにジャンル別で
トピックのランキングを作れば
上の様な物は無用と言う事かも
知れぬが

これこそが小泉前首相の予言 

http://maikee.iza.ne.jp/blog/entry/275973/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/72005
>小泉氏が「前に言った」のは、3月7日夜
>の会合だった。小泉氏は「参院選は負けた
>方が面白いぞ。民主党の小沢一郎代表は自
>民党内に手を突っ込んでくる。民主党の反
>小沢勢力も黙ってはいまい。そうなれば政
>界再編だ」と断言し、「政権選択の選挙は
>衆院選だ。首相はそれだけを考えていれば
>いいんだ」と結んだ。
> 「自民敗北」をむしろ歓迎する小泉氏の
>考えは、4カ月間余りまったく変わってい
>なかったわけだ。小泉氏は選挙戦終盤に窮
>状を訴えてきた自民中堅を「参院1人区は
>小選挙区だから、風が吹けばひっくり返る
>のは当たり前じゃないか」と喝破した。
> 中曽根康弘元首相も先週、首相官邸にメ
>ッセージを送った。

> 「参院選でいかなる結果がでようとも、
>首相は自らの政治信条に従い、豪胆にやれ
>ばよい」
> 中曽根内閣のスローガンは「戦後政治の
>総決算」。小泉内閣は「聖域なき構造改
>革」。安倍内閣の掲げる「戦後レジームか
>らの脱却」はその延長線上にある。両氏は
>それほどのテーマに取り組むならば、世論
>の反発は当然で、むしろ歓迎すべきだとの
>思いを伝えたかったようだ。

小沢離党と言うのも
可也前から仕組まれていたと言う事なのか
どうかだが
イラン戦時は小泉首相・小沢副首相で
憲法改正と言う事に
成るのだろうか

党首会談で「小沢副総理」一度は合意、17閣僚の配分も 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_ichiro_ozawa2__20071105_16/story/05yomiuri20071105it01/
小沢離党で此れが現実化するかも知れぬが
果たして憲法改正が可能な人数迄を
集められるのかだが
イラン戦の米独仏苦戦等で
政界も一致団結する必用が有ると考えれば
体制翼賛等と言う意見は次第に
消えて行き
小沢新党の人数も徐々に増えると言う可能性は
有るだろうか