FC2ブログ

Category

2007.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

太陽光を大出力のレーザーに変換して地上に送る技術の開発に成功-大阪大学などの研究グループ 

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1188818617/
光ファイバーが万一切れれば
強力な光が漏れる恐れも有るだろうし
厄介かも知れぬが

大型の歩行兵器は有用か否か 

地上では小型のパワードスーツの様な物でも
穴は掘れる訳だろうし
歩兵用のミサイルで戦車は撃破出来るなら
大型のMSの様な物は何処迄必用なのかだが
重砲や大型の対空兵器・対艦ミサイルを装備したタイプなら
有り得るのかどうかだが
大きな穴を掘って隠れたとしても砂漠でもなければ
秘匿性はどうなのかだろうし
砂漠でもガンダムに出た様に足跡を簡単に消せねば
穴に埋まったとしても容易に発見される恐れは有る訳だろうか


秘匿性は然程無く共
対空兵器や重砲を
戦車の入れない地形で運用出来れば
有利だと言う意見も有るだろうが
何処迄有利に成るかは良く分からないが
秘匿性は得られなく共
北朝鮮の重砲の様に
横穴を掘って隠れればミサイルの反撃は
回避出来る訳だろうが
大型の爆弾等は
防禦困難かも知れぬし
平地で戦えないなら攻勢用の兵器としては
何処迄使えるのかだが


ヘリでも一応重砲や対空兵器は山に移動出来るかも知れぬが
此れ等が運用可能な地点は
山では限られていると言う事かも知れぬし
地形対応能力の高い
脚を装備した対空兵器や重砲を
ヘリで輸送すると言う方向も
有る訳だろうか


水中用の歩行兵器と言うのも
海底に穴を掘って隠れられるなら
有用かも知れぬし
AIP機関等を用いて
1週間潜行する様な有人機なら
居住性の問題と言うのも有るだろうし
10-20m程度のサイズは
必用かも知れぬが
暴走しても余り問題は無い偵察用UUVの物量で発見され
潜水艦に撃破される恐れは無いのか
どうかだが
砂でも被ればそう簡単には
発見出来ぬかも知れぬし
多少砂が掛かってもパシブソナーは有効と言う事かも
知れぬが
(魚雷発射筒は少し離れた場所に埋めて 
 ケーブル等で操作すれば
 魚雷発射後に
 反撃も受け難いかも知れぬが)
通常の潜水艦と隠れずに海戦をやれば
ソナー・ステルス性の差や
速度性能の差で
勝ち目は無いと言う事かも知れぬが
スーパーキャビテーション技術とロケット等を組み合わせれば
速度面では優位に成る可能性は有るかも知れぬが
先に発見されて高速魚雷等を打ち込まれれば
撃破される危険も有る訳だろうし
穴を掘って隠れるしか無いなら
攻勢には利用出来ぬ兵器な訳だろうか
(攻勢用にはスーパーキャビテーション技術を利用した
 ステルス性・速度性能の高い
 水中戦闘機の様な物が
 主流と成るかも知れぬが)

日本には陸上戦力が必要 

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1177072370/
イスラエル軍がヒズボラに敗れたのは
ATMが原因だろうし
無人兵器にウイルスやハッキング等のリスクが有るなら
ATMを多数搭載した
パワードスーツ歩兵でも大量に配備すると言う方向も有るだろうし
対テロ戦でも此れは可也
使える訳だろうか
(土木作業や警察用にも
 利用は出来る訳だろうか)

まあしかしハッキングの恐れの無い
ケーブル操作式の無人兵器は
投入しても良いだろうが
偵察用の非武装のUAV等もハッキングを受けて
レーダー施設等に体当たりされるリスクは
有る訳だろうか

飛行中に目標を変更可能な
タクティカルトマホーク等も
ハッキングを受けて味方を攻撃する等のリスクは無いのか
どうかだが


まあしかしアフガン等の途上国への
派遣軍で運用するな
ハッキングを受けたり
暴走し得る無人兵器の投入は
有り得ると言う事かも知れぬが
一度こう言う事が起きれば
使い難くは成る訳だろうか


無論IT機器が故障しても戦闘出来る
生身の歩兵も必要だろうが
戦車等にもIT機器は有る訳だろうし
生身の歩兵だけに頼ると言うのも
どうなのかだが


パワードスーツも気化爆弾の様な物には
中の人間が熱でやられるリスクも有るだろうし
脆いかも知れぬが
乗員を完全に収納するタイプでも用いれば
どうなのかだが
サイズが大きく成る可能性も有る訳だろうか

難病・ムコ多糖症の新薬10月にも承認へ、患者家族ら歓迎 

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07090353.htm
米へ行けば使用は
どの道可能な訳だろうし
使わねば確実に寿命が縮まる様な物に関しては
患者の責任で何でも使用出来る様に
すれば良い訳だろうが
使用しても寿命が伸びる訳では無い様な物に関しては
安易に承認するべきなのかだろうし
命に関わる副作用が後で発見された例も
多い訳だろうか

花王など、「パソコン作業の目の疲れには蒸しタオルが有効」学会で発表へ 

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20355570,00.htm?ref=rss
蒸しタオル等一々使うのも面倒だろうし
USB等で利用可能な
目を加熱する機器等も欲しいかも知れぬが
既に有るのかどうかだが
水分無しで只加熱するのでは
駄目なのだろうか


目に直接何かを接触させて
加熱するタイプでは
洗浄等が面倒だろうし
本体から目を多少放して
熱風を当てるタイプや
スチームを当てるタイプ等が
使えるかも知れぬが
スチームを当てる場合は
水の補給が面倒かも知れぬが
何分も当てる必用が有るなら
頭部に巻いて使用する様なタイプも良いかも
知れぬし
自動でスイッチがオフに成る
タイマーを付けると言う様な方向も
有る訳だろうか


机に置くタイプの仮眠用枕に
タイマー付きの温熱機能を持たせる言う様な
方向も有る訳だろうし
仮眠し乍ら目を暖められる訳だろうか
枕の洗浄は何れにせよ
必用な訳だろうか

DVDが売れない時代のアニメビジネスを考える 

http://d.hatena.ne.jp/n_euler666/20070902/1188731528
TV等の低予算の作品なら
広告を表示するなら自由に配布出来る様にして
WEB上で簡単に此れを編集出来る様な
システムを用いて
二次創作も広告を入れれば自由に出来ると言う様な
方向にすれば良いかも知れぬし
(一部広告費は二次創作を行った物に
 還元と言う事だろうか)
低予算の作品のクオリティの低い部分を
二次創作者に作り込ませる
コンテストの様な事や
(此れも広告費は一部を
 二次創作者に還元だろうか)
完全に自分が作った作画や話し等で
外伝やIF物を作らせる事も
行わせれば良いかも知れぬが
(ゲームや小説等でも同様の事は
 可能かも知れぬが)
一人のみで作る・改変するのが難しいなら
WIKIの様な形式で多人数で
作り込める様にすると言う手も有るだろうし
SNSの様な物を作って
友人だけで作れると言う様なシステムを
導入しても良いだろうか


此れを行えば
多数の改変された作品が視聴される事で
広告費も一時製作者に多数入ると言う
事だろうし
改変される前の作品は
可也低予算でも良い訳だろうか