FC2ブログ

Category

2007.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

仏大統領選 極右ルペン氏が攻勢 『決選』へ移民にも訴え 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007040802006992.html
米・イスラエル・イランのハルマゲドンが起きれば
仏でも反ユダヤ・反白人暴動が発生するかも知れぬし
サルコジの対応次第では仏が可也混乱する可能性も
有る訳だろうか

泰氏が中東から戻った日本人として利用される可能性は 

泰氏の場合は
カルデラ大爆発で日本から中東に移動した縄文人が
シュメール人と成り
其れが混血を繰り返した後ユダヤ・キリスト教徒に成って
戻って来たと言う事故に
特殊な例と言う事かも知れぬが
此れをロスチャイルド・アミシャブが強調して
利用する危険は有る訳だろうか

聖書もハンムラビ法典やゾロアスターの影響が大きいと言うが 

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/8769/kagaku/babiron.htm
>「(ハンムラビ法典は)シュメール以来の
>法律を集大成したもので、「目には目を」
>の復讐法と、身分により刑罰に差があるこ
>となどが特色である。復讐法の思想は、の
>ちヘブライ人に影響を与えた。」


http://members3.jcom.home.ne.jp/dandy2/works/works_14_2_m.html
> そして、「目には目を、歯には歯を」で
>有名なハムラビ法典をつくり出したが、そ
>の基になったのは、シュメール人の法体系
>なのであった。つまり、ハムラビ法典は、
>世界最古ではなく二番煎じなのである。


> 旧約聖書に出て来る「バベルの塔」も、
>その実体は高さ100メートルはあろう巨大
>なジッグラドだと言われている。つまり、
>これもシュメール人の文化を受け継いだ代
>物なのである。「ノアの箱舟」の話にして
>も、シュメールの神話「ギルガメッシュ」
>からの引用に他ならない。


聖書もハンムラビ法典や
ゾロアスターの影響が大きいと言うし
ハンムラビ法典やゾロアスター等は
シュメールの影響を受けていると言う
事だろうか

インダス文明もシュメール文明の影響下に有った様だが 

http://www.paw.hi-ho.ne.jp/tachibananokarin/sumerian.htm
>またシュメールの神々がインドに渡ってヒンドゥ教の神々になり、仏教に導入されています。

まあ此れがロスチャイルド・日本の
インド支配の口実に使われる可能性と言うのは
無いのかどうかだが
(ユダヤ教や仏教に影響を与えた
 ゾロアスター教のシュメールの影響と言うのは
 無いのかどうかだが)


http://gold.ap.teacup.com/tatsujinkaisou/47.html
> 古代エジプトにおいては,牛の角につい
>て次のように伝えられている。「宇宙に君
>臨し魔術的な力を持つ神々の母として知ら
>れる大女神イシスはじめ重要な神々の頭上
>に乗せられることになる」古代エジプトで
>は牛の角で具体化される前は,信仰されて
>いた「カデシュ女神」の頭上に「三日月」
>に「太陽円盤」が付随する冠が描かれるこ
>とがあった。同じような表現がシュメール
>においても見られた。

> 上に述べた「カデシュ女神」の原型はシ
>ュメールの女神イシュタル(ISHTA
>R)である。シュメールは滅亡後もメソポ
>タミア地域では神の名をシュメール語で記
>すなど,思想的影響力を残した。ヒッタイ
>ト帝国もシュメールの神を信仰し,ヒッタ
>イト滅亡後も中近東一体にこのシュメール
>起源の神が残存しているという。

> もっとも有名なのが羽を持った太陽円盤
>と髭の神がかかわる構図でこれはゾロアス
>ター教のシンボルとなったという。髭の神
>に関してはユダヤのラビ(ゲームの達人・
>聖書の暗号参照)が受け継いだ。

イシュタルが何故か髭の神に成って
ゾロアスターやユダヤにも
伝わって居た訳だろうか