FC2ブログ

Category

2007.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

ドルは、いつまで安泰か 揺らぐ米国への信認でユーロが台頭 

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20070328/121906/?P=2
>長年、外貨準備の9割以上をドル建てで保
>有していた日本(日本銀行)も例外ではな
>い。2006年末の外貨準備はドルが約65%で
>ユーロが約30%となっており、ユーロの割
>合は国際水準を超えている。他国の中央銀
>行や民間企業より“速い”スピードでユー
>ロシフトを進めているのだ。これは「ユー
>ロ基軸通貨化」への対応を始めているとい
>うことかもしれない。

日本もロスチャイルドの意向で
ドルから資金を引き上げて
ハルマゲドンに備えると言う事かも知れぬが
ユーロからも何れ資金は
引き上げると言う事かも知れぬが

日本の地価上昇:円高、株高、債券安につながる可能性も-リーマン 

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=aX57sTBA4L28&refer=jp_home
中東での米・イランの
ハルマゲドン開始前に
日本に金を移すと言う事に
成る可能性も有る訳だろうか

動物園仮説が正しいとすれば地球圏付近を管理して居る宇宙人との出会いは何時なのか 

http://www.geocities.jp/tentomsi2004/Q708.htm
フェルミのパラドックスから考えて
異星人或いは彼等の探査機が
地球に来て居ない方が
可笑しな訳だろうし
異星人は探査機等を用いて
地球人類が十分発展する迄
監視を続ける気であり
(此れは所謂動物園仮説と言う物だろか)
何れ彼等との接触が有る可能性が高いかも知れぬが
此れは何時なのかだろうし
地球文明が日本とユダヤの手に拠って
ネオテニー的な物に統一された後と言う
可能性も有るかも知れぬし
其れ以前の人類は
十分ネオテニー化・進化して居ない
未開な物と
考えて居る可能性も有る訳だろうか

世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略号外 

http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-179.html
>イスラエルは中東和平で折れます
>これは、イスラエルの消滅への合意を意味
>します。つまり、イスラエルの移住先のめ
>どが立ったことが背景にあります。このタ
>イミングで日本とサウジが接触する。答え
>はひとつしかないでしょう。この案の骨子
>は中東戦争回避のため、三方一両損です。

>イスラエルはよそへ移住し、パレスチナに
>土地を明け渡す。
>アラブはエルサレムをユダヤの聖地と認め
>る。
>日本は北方領土を提供し、見返りに国際金
>融資本の支援を受ける。

>これでグローバルな三方一両損です。


ユダヤが日本に移住すれば
イランは核開発を止めるのかだが
仮に此れで合意しても
米が疑問に思い
何れイランに攻撃を仕掛けると言う可能性も
有る訳だろうが
その場合はユダヤ人は日本で生き延びて
米とイランが衰退すると言う事に
成る訳だろうか
(親イスラエルのアラブ諸国は戦いに介入せず繁栄し
 ユダヤが住むと言う北方領土はロシアとの取引で
 一部が先行返還されるのだろうか)



http://72.14.235.104/search?q=cache:29-irSJt6AIJ:pub.ne.jp/suikahagiwara/%3Fcat_id%3D20834%26page%3D1+%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%80%80%E6%9C%80%E5%8F%A4&hl=ja&ct=clnk&cd=46&gl=jp
> それでは、かつての「北イスラエル王国」とは、現在の何処の国だろうか、彼等の祖先は「失われた十部族」との伝承を残して、歴史の霧の中に消えた。この「失われた十部族」の子孫は、いま何処でどのような国家を復元しているのだろうか。

 これが、彼等ユダヤ人の最大の関心事であるらしい。「ユダの木」と「エフライムの木」が出会い、一つに合体することにより、ハルマゲドンを乗り切り、その先に至福千年の「千年王国」が訪れると言う神の預言が、彼等ユダヤ人の深層心理に深く根を下ろしているのである。

 世界の誰一人として予測すら出来なかった「イスラエル共和国」が、1920年前という大昔の歴史の彼方から蘇ったのだ。神は必ずもう一度奇跡を現して、近い将来に「エフライムの木」の子孫の国家と引き合わせてくれるだろう。

 そして、彼等ユダヤ人は東の果ての、近年めざましい経済力を発揮して台頭して来た日本という国に着目しだした。預言によれば「エフライムの木」は、「ユダの木」よりも出会いの時には神の祝福を受けているはずである。


と言う様な考えをユダヤが信じ
且つ日本人がシュメール人であると言う
科学的裏付けまで得られれば
イスラエル等のユダヤは日本に逃げて
ハルマゲドンは中東で米とイランがやり
彼等の衰退後に
千年王国が訪れると考える可能性も
有る訳だろうか
(ロシア・中国・北朝鮮・或いは欧州等も
 ハルマゲドンの影響等で
 衰退・崩壊と言う事だろうか)

イスラエル首相、アラブ首脳に会談呼びかけ 

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200704020011.html

イスエラエルと穏健アラブとの関係が仮に改善しても
イランとイスラエル・米英の関係が改善すると言う保証は無く
イランが核開発を続ければ矢張り衝突は
不可避と言う事かも知れぬが
(まあ矢張りイラン戦争時に穏健アラブがイラン側に付くのを
 避ける為の方策に過ぎぬかも知れぬが)


ロスチャイルド・日本も
戦争を泥沼化させて衰退させるのは
イラン・イスラエル・米だけで良いと
考えて居り
穏健アラブは参戦させないと言う事かも知れぬし
経団連も穏健アラブにはイラン戦争が起きても
投資は続けると言う事を
伝えに行く訳だろうか

14000年前のペトログラフが日本に有ると言う事だが 

http://72.14.235.104/search?q=cache:29-irSJt6AIJ:pub.ne.jp/suikahagiwara/%3Fcat_id%3D20834%26page%3D1+%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%80%80%E6%9C%80%E5%8F%A4&hl=ja&ct=clnk&cd=46&gl=jp
>地球上、世界最古の文明を築いたのはシュメールといわれている。シュメール文字はBC(紀元前)3500年から3100年頃までに完成されたと言われている。(外の説もある) これに対して日本の文明は何時頃発生したのだろう。
>近年に到って発見されたペトログラフ(岩に刻まれた文字)の一つに、下関の彦島で発見されたものがあるが、世界最古と言われるシュメール文字と酷似し、中には全く同じ文字が多く発見された。
>この文字は日本からシュメールに伝わったものか、それともシュメールから日本に伝わったものか、別の見方をすれば、地球上で文字を開発した人種は日本人の先祖の縄文人なのか、
>それともシュメール人なのかということになってくる。そんなことは考えるまでもない。無論シュメールの方が先行していたはずだ。と誰しも考えるだろう。

>ところが驚くべきことには、彦島で発見されたペトログラフを、炭素測定による科学的な測定を行ったところ、何と、BC12000年の作品であるとの数値を示したのである。
>また、僅か数年前に神奈川県大和市で出土した無文土器も、年代測定の結果BC12000年、更に宮城県て゛出土した動物土偶もBC11000年頃の遺品と測定された。
>こうなってくると、これらのペトログラフや土偶を作った人類が、シュメール人よりも1万年ほども以前から日本に生存していたこととなる。端的に言えば日本の縄文人の方がシュメール人よも早くから地球に生存していたのである。
>そうとすれば、竹内文書に記されているように「文明は日本から世界各地に伝わった」ということも、我田引水的なたわごとと一笑できなくなってくる。

縄文人が6300年前の鬼界カルデラ爆発時に中東に移動して
其処でペトログラムをシュメール文字として
広め
文明を作ったと言う事なのだろうか
(14000年より前のペトログラフと言うのも
 有るのかも知れぬが
 現在発見され居ている中で最古の物は
 何時頃の物なのだろうか)


http://slicer93.real-sound.net/0-jj-space-5551.html
当時は私も日本で発見されるこうした先史時代の文字 (ペトログラフ)は、シュメール人がもたらしたものではないかと考えていましたが、その後調査が進むに連れて、 日本の方がシュメールより古いのではないかと思いだしました。
また、 世界の学者も最近はそのように思いはじめているようです。
なぜなら、 シュメールやエジプト文明はたかだか四、 五千年前ですが、 日本には八千年から一万二千年前に縄文の文化が繁栄していたのです。
ということは、 日本の方がはるかに古いわけです。
ですから
「日本こそが世界の文字文明の発生の地ではないか」
とユネスコ系の学者たちは恐れを抱きはじめているのです。
最近はアメリカの、 ハーバードやカリフォルニア、 スタンフォードといった大学の研究機関が日本の情報をしきりに欲しがり私を招聘してくれます。
その学会に日本各地から発見されたペトログラフのスライド写真を持って行き、 彼らに見せると、 欧米の学者たちは本当に驚愕します。
今年の秋にアメリカの岩石芸術学会が日本に調査団を派遣して壱岐ノ島の遺跡や与那国島の海底遺跡などを研究しにやってきますが、 また大きな発見があるかもしれません。
その成果は、私が次に出版する本に載せるつもりですので楽しみにしてください。



マクロスゼロやラーゼフォンの様に
歌を歌うとペトログラフが刻まれている岩が
動いたりすると言う事は
流石に無いのかも知れぬが
動物園仮説が正しいとすれば
宇宙人が自らの存在を暴露するとは思えぬが
ペトログラフの真の意味を解読出来たら
地球人類を管理している宇宙人も正体を現すと言う
事なのだろうか